学部・学科案内

経営情報学科

ゼミナール

情報処理や経営の最前線を探求し、IT社会に対応できる経営のスペシャリストを育成

ゼミナール(演習)は数名から10名ほどによる少人数制の課題研究プログラムです。専門力を育成することが主な目的で、選ばれたテーマに関する研究を行い、講師の指導のもとで発表(プレゼンテーション)を行って討議します。1年次前期に説明会が行われ、面接による選考を経てゼミ活動がスタートします。

ゼミナール一覧

飯島千秋 日本の地域・社会を考える―地域再発見―
石井 明 企業会計―実務・理論・制度の研究
伊藤 穣 経済政策
浮田善文 情報処理に関する研究
綛田はるみ 言語表現研究(日本金現代文学、日本語教育学、観光日本語)
川口恵一 経営戦略の歴史的・理論的研究
小林二三夫 現代流津、国際ビジネスの研究
佐々 徹 マネジメントができる力をつける~いつでも、さまざまな活動の中心にいる人になろう!~
佐藤義文 租税法の研究
宍戸 学 観光ビジネスにおけるホスピタリティとマーケティング戦略
高橋信行 情報科学の基礎理論
高橋 浩 現代における子どもの発達空間の変容
坪川 弘 現代企業研究
中村純子 観光文化とサブカルチャーの研究
羽田耕治 旅行ビジネス、観光とまちづくり、観光による地域おこし
柳田義継 モバイル・Web・電子商取引の研究
吉田武史 現代企業会計における理論(会計の本質的な考え方)と制度(会計が行われる現実社会)に関する研究
吉田朋樹 現代社会における商品問題の考察
渡部哲郎 ヨーロッパ(地域)社会の研究
Pagetop