観光マネジメント学科
DEPARTMENT OF TOURISM MANAGEMENT

卒業後の進路

観光マネジメント学科を卒業した場合に想定される職業や進路

国際化が進む一方で、ますます複雑になる観光の世界。観光マネジメント学科では、旅行商品開発や、観光の新たなフィールドである「MICE※」に関する授業、さらにはスポーツ・エンターテインメントの企画・運営の学習まで、学びのエリアは実に多彩。
こうした授業を通じて、人を招き、感動させ、新たなニーズを生み出せるプロフェッショナルの育成を目指しています。
※MICE:Meeting(企業などの会議)、Incentive Travel(研修旅行など)、Convention(国際会議)、Exhibition/Event(展示会)のこと

ホテルスタッフ フロント、客室、バンケット(宴会場)、営業などホテル業務全般に携わる。
旅行業 旅行に関するプランの立案、手配、運営、営業などを総合的に扱う。
観光開発 新しい観光地やリゾートを開発したり、すでにある観光地の再開発を手掛ける。
国際営業職 企業の国際部門などで、英語を駆使してスムーズな取引や新しい取引の開拓をする。
貿易事務 企業の貿易部門などで、専門知識を生かして貿易に関する実務に携わる。
通関士 関税法に関する専門知識を持ち、通関業務を行うエキスパート。
ベンチャー(起業家) 最新の技術や独自の発想で新しいビジネスを創造し、会社を起こす。
自営業 家業を継いだり、起業したりというように、自ら経営者となる。
公務員 国や地域の発展、地域住民の福祉の向上などを考え、実行する。
高校教諭(商業) 商学に関する専門知識を身につけ、高等学校で後進の指導にあたる。
大学院 商学に関してさらに高度な専門知識を身につけるため、大学院へ進学。