観光マネジメント学科
DEPARTMENT OF TOURISM MANAGEMENT
「観光立国」日本を支える
リーダーを目指す

ビジネスやマネジメントの側面から、
観光の新たな可能性を探究する。

今、日本は、世界に誇る「観光立国」の整備へ向けて大きく動き出しています。本学科では、観光ビジネスの最前線にたつエキスパートから直接学び、問題発見、分析、解決能力、マネジメント力を習得できるプログラムを多数展開。観光という成長産業の中で、ビジネスやマネジメントの側面からアプローチし、人を招き感動させる新事業の企画開発を行うなど、産業発展をリードするプロフェッショナルを育成します。

観光マネジメント学科の学びとは?

「観る」を中心とする従来の観光に、
「学ぶ」「体験する」「交流する」など、
新たな要素が加わった観光産業を学ぶ。

近畿日本ツーリストとの連携による旅行商品開発や、観光の新たなフィールドである「MICE※」に関する授業、テーマパーク・エンターテインメントの企画・運営の学習など、学びのエリアは実に多彩。人を招き、感動させ、新たな観光ニーズを生み出す方法について多角的に考え、観光産業を発展させる実践力を身につけていきます。

※MICE:Meeting(企業などの会議)、IncentiveTravel(l研修旅行など)、Convention(国際会議)、Exhibition/Event(展示会)のこと

新たな集客交流の手法として観光業界が注目するMICEを学ぶとともに、
これからの観光ビジネスのあり方について考察します。

日本全国、地域の魅力を知る観光の学び

  • 01.横浜の街が学びの場

    横浜中華街や野毛商店街と連携した「まちなかキャンパス」。地域の歴史・文化に触れながら、まちづくりについて学びます。横浜関帝廟や横浜にぎわい座、横浜能楽堂などを見学し、直接地域の人から話を聞くことで、組織運営や地域活性化などを考察します。

  • 02.訪日外国人に向けたマップを作成

    横浜市にある鶴見駅周辺に滞在する外国人に向けて、「鶴見らしさ、日本らしさ」を感じられる観光スポットや飲食店を紹介するマップを作成しました。完成したマップは鶴見駅周辺ホテルや鶴見区役所、鶴見国際交流ラウンジなどで配布しています。

  • 03.宿泊型のフィールドワーク

    ゼミ活動を通じて、地域の活性化に向けた活動や住民が抱える課題について考察していきます。実際に、地元施設のリニューアルに携わってきた キーパーソンへのヒアリングなど、さま ざまなフィールドワークも行います。

  • 04.旅行会社とのコラボレーション

    近畿日本ツーリストと連携した授業も、ゼミ活動の一つとして展開しています。中・高校生向けの旅行商品の企画・開発から販売に携わるなど、業務の一部を経験する実践的な授業を行います。

卒業後

国際化が進む一方で、ますます複雑になる貿易・観光の世界。観光マネジメント学科では、「貿易」と「観光」の2つの分野の基礎と専門領域をバランスよく学び、時代の波に対応しながら“Think Globally, Act Locally”(地球規模で考え、地域で行動する)を実践できる国際性豊かな人材を育成することを目指しています。