学部・学科案内

教員紹介

中村純子  
商学部 観光マネジメント学科
中村 純子
NAKAMURA JUNKO
教授
入試・広報センター運営委員
  • 研究実績

観光文化を専門に調査・研究しています。南太平洋の島、ニューカレドニアを長年調査していますが、講義では事例として様々な観光目的地を扱います。専門領域は正確には観光人類学といい、文化人類学の手法と理論をベースに、観光をテーマとする分野です。日本では専門研究者が少ない領域ですが、他大学の研究者と交流・協力しながら、さらにこの分野を極めていきたいと思います。

研究分野:文化人類学(観光人類学)、観光文化研究、オセアニア地域研究
経歴:

2001年3月 お茶の水女子大学大学院人間文化研究科比較文化学専攻後期博士課程単位取得退学


2001年4月 横浜商科大学商学部貿易・観光学科専任講師


2004年4月 同大准教授


2010年4月 同大教授、現在に至る

学生へのメッセージ

 

観光文化とは、食文化、祭り、儀式、お土産、舞踊ショー、世界遺産、人々の交流、諸問題など多様です。観光文化論ではこのようなテーマを扱い、日本や世界の事例を考えます。さらにサブカルチャー、つまりアニメで地域振興、ご当地グッズ、ご当地グルメなどもテーマとなります。  最近は大学の広報冊子に、学生記者とともに取材・執筆活動もしています。商大学生記者としてstudent reporterが始動しました。皆さんも取材活動してみませんか?  

自己紹介

 

 南太平洋を調査しているため、サンゴ礁で泳いでいるのだろうと思われがちですが、実際は街中を調査しています。調査は地味で、人々に会ったり、文化センターや土産店、ギャラリーに入り浸ったり。先行研究が少ないので研究は困難を極めますが、今では第二の故郷に行ったような安心感があります。
 サブカルチャーによる地域振興にも関わっています。最近では横須賀市によるアニメに関するイベントに協力しており、興味のある学生や卒業生、職員も参加協力してくれています。

主な担当科目観光マネジメント学科のシラバスはこちら

観光文化論/旧観光文化論Ⅰ・国際文化交流研究/旧観光文化論Ⅱ、文化人類学/旧文化人類学Ⅰ、文化人類学Ⅱ
観光文化論では基礎概念や用語を把握したうえで、世界各地を扱い、歴史・文化と観光について様々な角度から考えます。
 ハワイやバリ、イタリアなど人気の観光地を中心に、様々な観光目的地を扱います。横浜についても概観しましょう。
 講義はおもにシラバスに沿いますが、ときには受講生のリクエストや興味によって変更することもあります。
観光メディア研究/旧観光メディア論、日本の観光資源/旧観光地理学Ⅰ・世界の観光資源/旧観光地理学Ⅱ、観光調査とフィールドワーク/旧観光調査法
はじめに観光とメディアについて用語や関連性を把握し、そのうえで観光メディアの歴史、映画・ドラマのロケ地などの観光を扱います。さらにはアニメ・マンガの「聖地巡礼」やクール・ジャパン、「ご当地〇〇」といった地域の事象を、日本の地域を事例にみていきます。受講生は途中で発表し、これを土台にレポートを完成させます。
Pagetop