教育・研究(商学部)
EDUCATION

SA(Student Assistant)制度

授業からプライベートまで、何でも相談に乗ります!

SA(スチューデント・アシスタント)とは、「補助学生」として1年生の大学生活をサポートしてくれる先輩のこと。主にPCを活用する授業に参加し、必要があればその場ですぐにアドバイス。先生には聞きにくい初歩的なことも優しく教えてくれます。授業の内容だけでなく、敬語の使い方など横浜商科大の学生として身につけておくべき一般常識もフォロー。もちろんプライベートの相談にも応じてくれます。頼りになる先輩の存在は1年生にとっては大きな安心。さらに、SAを担当する学生も、後輩を指導することによりOAスキルほか、さまざまな能力を養えるため、志願者が年々増えています。SAの経験で成長を実感し、就活の際にも自信を持てたという先輩も大勢います。SAは、1年生と先輩の双方にとって、大きなメリットにつながる制度なのです。

活動の様子

Voice

商学科 3年

田中 真帆

「一人でできました!」
と後輩に声をかけられ、とても感激。

大学生活ではたくさんの仲間を持ちたいと思い、先輩、後輩と交流が深められるSAに応募しました。3年次になった現在は、SAの中心メンバーとして活動しています。その内容は、先生とメンバー間の情報共有から、プレゼンテーション大会の総括や司会、さらにはSAに応募してきた後輩の面接など多岐にわたります。もちろん授業に参加して、学生のそばで丁寧にサポートすることも大切な役目。初めはパソコンの使い方が分からず苦労していた後輩が「真帆先輩、自分一人でできるようになりました!」と声をかけてくれたりすると、「SAをやっていて良かったな」と感じます。一方で先輩SAとも仲良くなり、就職のアドバイスをいただくこともあります。多くの仲間に恵まれ、充実したキャンパスライフを送っています。

商学科 3年

原島 成太

サポート前の事前学習によって
自分自身、新たな分野に関心が持てた。

1年次の科目である「社会力基礎演習」に同期のSAと二人一組で参加し、先生方のサポートをしています。この授業はグループワークが主体ですが、彼らにとっては馴染みの薄い学びのスタイル。議論が行き詰まっているグループがあると、話のきっかけになるような話題をこちらから提供しています。学習サポートという役割ではありますが、授業内容によっては私も知らない分野もあり、事前学習は欠かせません。適切にアドバイスできるよう、新聞やインターネット上のニュースから知識を習得しています。さらに先生やパートナーとの打ち合わせも大切です。この授業では何が目的かを共有するとともに、パートナーとの役割分担を明確にすることで、スムーズな進行を心掛けています。