観光マネジメント学科
DEPARTMENT OF TOURISM MANAGEMENT

観光立国日本を支える
プロフェッショナルを養成します。

今や観光立国として多くの外国人が訪れる日本。それを支えるスペシャリストを養成しているのが、観光マネジメント学科です。フィールドワークはもちろんのこと、現地で調査をしたときの写真や映像を使いながら、いろいろな観光地の課題も探っていきます。さらに百貨店業界やイベント業界など、観光の新たなけん引役として注目を集めている分野も学べるため、卒業生は幅広い業界で活躍しています。

人を招き、感動させる力、そして
新たなビジネスを生み出せる力を養う。

近畿日本ツーリストとの連携によるフィールドワークや、観光の新たなフィールドである「MICE※」に関する授業、さらにはスポーツ・エンターテインメントの企画・運営の学習まで、学びのエリアは実に多彩。こうした授業を通じて、人を招き、感動させ、新たなビジネスを生み出せるプロフェッショナルの育成を目指しています。

※MICE:Meeting(企業等の会議)Incentive Travel(研修旅行など)Convention(国際会議)Exhibition/Event(展示会)

「ホテル」や「旅行」などはもちろんのこと、人を招き、感動させる取り組みすべてが観光マネジメント学科で取り扱う学びのフィールド。

授業の学びを現場で再確認できる

  • 01.基礎知識習得

    学⽣の興味や好奇⼼を出発点に、モノやサービス、お⾦の流れなどを把握するとともに、⼩売・流通・貿易などの基礎知識を学んでいきます。

  • 02.事例研究

    トレンドを先取りしたメーカーの戦略をはじめ、新聞やニュースで取り上げられる商品などを豊富な実例を交えて研究。ヒット商品の開発の背景などにも迫ります。

  • 03.企業訪問

    横浜商科⼤学では、インターンシップや企業訪問型の演習を数多く提供。仕事の流れを理解するだけでなく、プロフェッショナルの情熱も肌で感じることができます。

  • 04.振り返り

    課外授業の後は、学⽣によるレポート発表の時間があります。学んだことを現場で確認し振り返る。このプロセスを通じて、⾃分なりの考えを持てる⼈間を育てます。

教育⽬標

観光・ホスピタリティ分野のビジネスとマネジメントに関する専門的知識とともに、それを交流文化の創造や地域の活性化に結びつける応用力をも修得し、観光・ホスピタリティ産業の革新や新たな事業の構想とビジネスの創造を通じた観光立国の推進、観光による国際交流の促進、都市・地域の振興において先駆的な貢献のできる人材を育成します。

卒業後

国際化が進む一方で、ますます複雑になる貿易・観光の世界。貿易・観光学科では、「貿易」と「観光」の2つの分野の基礎と専門領域をバランスよく学び、時代の波に対応しながら“Think Globally, Act Locally”(地球規模で考え、地域で行動する)を実践できる国際性豊かな人材を育成することを目指しています。