商学科
DEPARTMENT OF COMMERCE
ビジネスを生み出し、
発展させる力を得る

基礎から最新のマーケティング理論まで、
商取引を深く幅広く学ぶ。

現代のビジネスはその規模や業種を問わず、グローバル化や情報化を抜きに語ることはできません。
商学科では商取引の基礎となるマーケティングや、企業会計などの企業経営に関すること、ビジネスの基本を徹底して習得。さらに、コンピューターを駆使した情報通信技術を活用し、世界あるいはグローバル化した地域社会で「即戦力」として活躍する人材を育てます。

商学科の学びとは?

モノがどのように生まれ、届けられるのか、
そして、どのように企業が発展し、
皆さんの生活も豊かになるのかを学ぶ。

「商品」や「お金」の流れについて理解を深めることからスタートします。さらに、個人経営のショップから国際的な大企業まで、さまざまな企業事例をもとに、その問題点や解決法を議論。ビジネス経験豊富な教員のもと、マーケティング戦略やビジネスの方向性を探究していきます。

ビジネスの多様な実例から議論や考察を深め、
実学を通して商取引について学びます。

授業の学びを現場で再確認できる

  • 01.ビジネスの仕組みと流れを学ぶ

    「ビジネス基礎(商学)」「マーケティング」「流通論」などの授業を通して小売・流通・貿易などの知識を学びます。これによりモノやサービス、お金の流れを理解し、新しいビジネスを生み出すアイデアの糧とします。

  • 02.効果的な経営戦略を実例から探る

    マーケティング分野の授業では、実例を交えながら知識を深めていきます。新聞、ニュースで取り上げられる商品はもちろん、ヒット商品開発の背景や、流行を先取りしたメーカーの販売戦略も学びます。

  • 03.企業を訪問して仕事のリアルを体感

    本学では充実したインターンシップや「マーケティングリサーチ」などの企業訪問型の授業があります。これらの授業では、ワークフローを理解するだけでなく、プロフェッショナルとしてのこだわりや仕事に対する想いまで実感できます。

  • 04.現場で得た知識と考え方をプレゼン

    フィールドワークや合宿などの課外活動後は、学生によるレポート発表の時間があります。現場で「見て」「聞いた」ことを確認し、プレゼンを通して相手に伝えることで「学んだ」ことを振り返ります。このプロセスを通じて、自分なりの考えを持てるようになります。

卒業後

商品やサービスの企画・生産・流通・販売をトータルに考えて実行していくマーケティングの手法は、企業だけでなく、公共事業や非営利組織などでも取り入れ始めました。商学科ではマーケターをはじめ経営スタッフや税理士など社会の第一線で活躍できる人材が巣立っています。