大学案内

沿革

1853年のペリー来航を受けて、日本の外交・貿易の拠点となって発展してきた街横浜。 文明開化をきっかけに、横浜は大きく変わり始めました。西洋風の建築物が建ち始め、アイスクリームやパンも登場し、西洋文化が大きく開花しました。当時横浜は、日本で初めて鉄道が開通した地であるほか、日刊新聞や写真の発祥地でもあるなど、常に時代の最先端を歩んできた都市でした。現在でもみなとみらい21地区に代表されるように、横浜はビジネス・デザイン・観光の先進地としても注目を集めています。小高い丘から横浜港を一望できる絶好のロケーションの校舎で、アットホームなたたずまいのつるみキャンパス。横浜郊外の豊かな緑あふれるみどりキャンパス。この2つのキャンパスで、商学、観光マネジメント、経営情報について広く深く探究していきます。

横浜イメージ画像
1941. 1
横浜市鶴見区東寺尾に横浜第一商業学校
(現横浜商科大学高等学校)設立
1966. 4
横浜商科短期大学開学(1969.3廃止)
1968. 4
横浜商科大学開学(現:つるみキャンパス)
(商学科に貿易、経営、会計情報、商学の4コースを設置)
1972. 6
電子計算室開設
1974. 4
商学科4コースから3学科制
商学科貿易・観光学科経営情報学科)制に移行
1982. 7
神奈川県足柄下郡湯河原町に「湯河原学術研修所」開設
1985. 3
北京第二外国語学院と学術文化交流協定を締結
1995. 4
みどりキャンパス開校
キャンパス間テレレクチャー設備導入
キャンパス間LAN開通
1998.12
ピッツバーグ大学ブラッドフォード校と学術文化交流協定を締結
2000. 9
みどりキャンパスに総合グラウンド完成
2001. 4
横浜市内大学間単位互換履修制度参加
2002. 5
横浜商科大学資格取得奨励奨学金給付制度制定
2002. 9
図書館システムをLIMEDIOへ移行
2003. 2
放送大学と単位互換協定締結
2003. 5
モントレー国際大学院大学と学術文化交流協定を締結
2003.12
北海道「札幌国際大学」および沖縄県「名桜大学」と単位互換協定締結
2006. 9
開学40周年祝賀会開催
2014. 11
近畿日本ツーリストとの「観光分野における人材育成事業の連携協定」締結
2015. 4
貿易・観光学科を改組し「観光マネジメント学科」新設
Pagetop