ニュース&トピックス
NEWS & TOPICS

2022年10月06日
横浜商科大学

【バドミントン部】男子5部優勝-関東大学バドミントン秋季リーグ戦-

8月22日(月)から9月25日(日)にかけて、関東大学バドミントン秋季リーグ戦が開催され、団体戦・男子5部において見事優勝を果たしました。

本学より試合へ出場した学生は、主将の鈴木直人さん(経営情報学科スポーツマネジメントコース2年)、塙友樹さん(経営情報学科スポーツマネジメントコース2年)、甲斐直人さん(商学科2年)、村田健介さん(経営情報学科情報マネジメントコース1年)の4名となり、10月1日(土)から2日(日)にかけて行われた4部入替戦にも出場しました。

5部優勝を果たした本学バドミントン部
(左から村田さん、鈴木さん(主将)、塙さん、甲斐さん)

 

関東大学バドミントン秋季リーグ戦で勝ち抜くためには、シングル2試合、ダブルス2試合、最後にシングルス1試合、計5試合で勝ち点を多くとる必要があります。男子5部Cに出場した本学バドミントン部は、東京工業大学、亜細亜大学、東京農工大学、神奈川工科大学、城西大学と対戦し全勝しました。4部入替戦では5部一位の順天堂大学と対戦し、第二シングルスおよび第一ダブルスにおいて勝ち点をとり競り合いましたが、残念ながら勝ち抜くことはできませんでした。

【男子5部C 試合結果】
   本学 4-1 東京工芸大学
   本学 4-1 亜細亜大学
   本学 5-0 東京農工大学
   本学 4-1 神奈川工科大学
   本学 3-2 城西大学

【男子4部入替戦】
   本学 2-3 順天堂大学

 

鈴木、塙ペア

甲斐、村田ペア

 

バドミントン部員へ取材をした内容を紹介します。

 

主将 鈴木さん

「部員数が少ない中、いかにして勝利を目指すかを考えました。実際のプレーに関することはもちろん、戦略の立て方、部員の心理状況や環境といったコンディションについて意識をしながら試合を進めていきました。4人という規模だからこそ、部員全員で協力し合い、目標に向けて頑張れたとも思います。次の試合は、神奈川県学生バドミントン連盟主催の秋季神奈川リーグ戦。秋季神奈川リーグ戦の全種目において、優勝を目指して頑張ります」

 

塙さん

「今回の5部リーグは自身が出場する試合数が多かったこともあり、いかに体力を消耗せずにプレーするかを考えて試合に臨んできた結果、勝つことができたのでよかったです。今後の抱負は、秋季神奈川リーグで全種目優勝を実現すること。頑張りますので応援よろしくお願いします」

 

甲斐さん

「試合ではチームメイトに助けられた場面が何度もありました。来年度のリーグでは自分も大事な場面で活躍できるようにより一層の努力をしていきたいと思います。また来月から大会が多くなるので、全種目優勝出来るように頑張ります。主将も言っていたように、自分達は4人で活動しているので日頃から怪我の予防、体調管理には細心の注意を払っています」

 

村田さん

「勝てそうな試合で実力が発揮できなかったこともあり、チームにおける自分の役割を果たせかったことが悔しかったです。今後の抱負は、その役割を果たせるような選手になれるよう、練習に取り組んでいきたいと思います」

 

 

気持ちを切り替え、日々練習に励んでいる様子を話してくれました。

本学バドミントン部は、部員も募集中です。応援、よろしくお願いします。

 

バドミントン部についてはこちら

2022年度関東大学バドミントン秋季リーグ戦についてはこちら

問い合わせ先
横浜商科大学 アドミッション・広報部
発信部署
横浜商科大学 アドミッション・広報部
お知らせ一覧に戻る