大学案内

大学からのメッセージ

理事長 松本 英二

専門知識を身につけ、強い使命感と責任感、高潔な倫理観、そして崇高な奉仕の精神を養ってほしい

今日、日本企業の競争は増々激化し、実業界は厳しい環境にさらされています。
そうした今日的な環境の中で、本学の建学精神である『安んじてことを託さるゝ人となれ』という人材育成の理念は、『商学教育の完成』を目的とし、実学を重視している本学にとっては、改めて全教職員、学生諸君が肝に銘じるべき理念であるといえます。
実学とはすなわち、“実用的な学び”のことでありますが、その背景には必ずといってよい程、高度な概念的枠組みというものがあります。そういうものを一緒に学ぶことによって、真に『安んじてことを託さるゝ人』となれるのです。
さらに本学は、人間的完成をも教育の目標とし、「高度な専門知識」に加えて、「使命感・責任感」「高潔な倫理観」、そして「社会に奉仕する精神」の養成も重視しています。社会にとって真に有為な人材となるためには、専門知識の修得のみならず、社会奉仕という高い倫理観と使命感、そして責任感が不可欠であるためです。
横浜という地の利を生かし、商学という実学の修得と、人間的な完成を目指した教育を実践することこそが、本学の果たすべき社会的使命であると考えています。

理事長 大村 達彌
Chair, Board of Trustees
Tatsuya OMURA

学長 小林 雅人

最先端の社会科学であなたの能力、開花させよう。

これから10年後、20年後の世界は、どのようになっているでしょうか。その時、皆さんはどんな生活を送りたいと考えていますか。10年後、20年後、さらにその先もずっと一生の間、幸せな生活を送るためには、今すべきことは何かを考え、自らを少しずつでも成長させていく努力をすることが求められます。
商学部ではビジネスと直結する知識やスキルを学びますが、経済学部や経営学部よりもずっと広い分野を包括していることをご存じでしょうか。商学はありとあらゆる分野で必要とされ、時代と共に拡大していて、決してなくなることはない、未来を担う先端社会科学なのです。
横浜商科大学では、皆さんが将来、夢や希望を叶えて幸せな生活を営むことができるように、2015年度からカリキュラムをリニューアルして、これまでよりもさらに、基礎学力を養い、コミュニケーション能力などの社会力を鍛え、専門力を身に付けることができる教育プログラムに再構築しました。本学で学ぶことで、個性が磨かれ、他の人より優れた能力が開花して、誰からも信頼され、グローバル社会で大いに活躍できる人になれると確信しています。未来に向かって、飛び立ちましょう。

学長 小林 雅人
President
Masato Kobayashi

小林雅人学長の就任について

Pagetop