教育・研究(商学部)
EDUCATION

フロンティアプログラム

学びを仕事に活かすワクワクに、ハマろう。

興味をもって学んだ専門分野を職業に直結させ、実際にどう活かすかを考えていきましょう。
貿易や流通など、特定のビジネス領域を選びます。

商学科

商学科に所属する学生は、下記の商学科配当領域(6領域)の中から1領域を選択する。

  • 小売・流通ビジネス領域

    「小売販売」「流通ビジネス」の
    変化を探る
    商業の基本となる「小売販売」と、商品管理の基礎となる「流通ビジネス」。これらが変化の激しい現代でどのように様変わりしたかを検証しつつ、今後の可能性を考えます。

  • グローバルビジネス領域

    海外進出事業に不可欠な
    スキルと知識を習得
    現代の企業活動は、ボーダーレス化が一層加速。貿易実務の学習はもとより、グローバル企業の仕組みを深掘りし、海外進出プロジェクトなどで活躍できる能力を習得します。

  • スポーツマネジメント領域


    スポーツやイベントの価値探究
    「スポーツ」「イベント」と社会の関わりを研究し、ビジネスとしてどのように成立させるかを考えていきます。

  • 中小企業経営領域


    中小企業の未来を考える
    私たちの生活やビジネスを支えてくれている中小企業。その課題や可能性を探求していきます。

  • 会計プロフェッション領域

    会計監査や税法に関する
    高度な知識を学ぶ
    企業のグローバル化などにより、会計処理や経営分析も高度化・複雑化しています。その中で必要とされる会計処理や監査などの能力、また税法に関する高度な知識を習得します。

  • デザインマネジメント領域


    価値ある「デザイン」を考える
    製品デザインや店舗デザインなど、ビジネスを成功させる重要な要素である「デザイン」を考えていきます。

観光マネジメント学科

観光マネジメント学科に所属する学生は、下記の観光マネジメント学科配当領域(5領域)の中から1領域を選択する。

  • 観光ビジネス領域

    ホテル・旅行業界のみならず、
    ツーリズム全般を学ぶ
    宿泊、旅行業の商品開発はもちろんのこと、これに関わる交通、インフラ整備など、観光業が関わる幅広い業界の課題や可能性について、深く掘り下げていきます。

  • 観光マーケティング領域

    非日常を提供するための
    ホスピタリティとは
    旅行者が求める非日常の体験をどのように提供するかが、観光ビジネスの成功の分かれ道。それを意識しながら、旅行者へのホスピタリティの手法を学んでいきます。

  • 国際イベント・MICE領域

    高い経済効果が期待される
    国際的な催し物を研究
    観光事業の中で注目されているMICE。国際会議誘致やイベント開催などで高い経済効果につなげる運営方法などを学び、新たな顧客獲得の手法を習得していきます。

  • まちづくり領域

    活性化のアイデアを発案自然の観光資源、人的なエンターテインメントなどにより、観光客を呼び込む諸施策を学び、さらなる地域振興のアイデアを考えていきます。

  • スポーツマネジメント領域

    スポーツやイベントの価値探究「スポーツ」や「イベント」と社会の関わりを研究し、ビジネスとしてどのように成立させるかを考えていきます。

経営情報学科

経営情報学科に所属する学生は、下記の経営情報学科配当領域(6領域)の中から1領域を選択する。

  • 情報マネジメント領域

    モバイルの活用方法や、
    電子商取引の現状を研究
    企業経営とICTの関連性や、ビジネスでのモバイル活用法、電子商取引の可能性などを学び、情報化社会のリーダーシップに不可欠な情報マネジメント力を磨いていきます。

  • 情報システム開発領域

    インターネットやシステム開発に
    関連したスキルを磨く
    情報システムの構築やインターネットの活用法に関するスキルなど、情報システム系の仕事で活躍する上で必要な、システム開発力や応用力を身につけていきます。

  • Webシステム開発領域

    マルチメディアやインターネットの
    最新技術や現状を研究
    現代の暮らしやビジネスに不可欠な「Web」。これを自在に活用できるよう、マルチメディア、電子商取引などWebシステムに関連する幅広い知識と技術を習得していきます。

  • 中小企業経営領域

    中小企業の未来を考える私たちの生活やビジネスを支えてくれている、中小企業。その課題や可能性を探求していきます。

  • スポーツマネジメント領域

    スポーツやイベントの価値探究「スポーツ」や「イベント」と社会の関わりを研究し、ビジネスとしてどのように成立させるかを考えていきます。

  • デザインマネジメント領域

    価値ある「デザイン」を考える製品デザインや店舗デザインなど、ビジネスを成功させる重要な要素である「デザイン」を考えていきます。