地域産業研究所

PROFILE

地域産業研究所
地域産業研究所
横浜商科大学の地域産業研究所です。

LINK

7月27日(月)に開催された本学と鶴見区との第1回包括連携協定協議会について、ご報告します。

 

201507271-2.jpg 

【開催日時】

平成27年7月27日(月)16時15分~17時15分

 

【参加者】

・鶴見区(征矢区長、平野副区長をはじめとした鶴見区関係者11名)

・本学(大村理事長、小林学長をはじめとした本事業関係者14名)

 

【協議事項】

・鶴見区、本学の概要紹介

  初めての協議会開催のため、お互いの概要を紹介。

 

・これまでの連携実績について

  <観光関連事業>

   宍戸ゼミの学生が中心となり、鶴見区のウォーキングイベント企画

   への参加、鶴見区プロモーション企画への参加などの活動を行って

   いる。

 

  <キャリア関連事業>

   鶴見区工業会のメーカーなどの企業で「1日職場体験」を予定。

   鶴見区工業会広報誌企画に本学学生が参加予定。

 

  <学生ボランティア関連事業>

   小学校の宿泊学習補助に学生ボランティアを派遣。

   今後も継続して学生ボランティアを派遣予定。

 

  <終活・エンディングノート関連事業>

   本学地域産業研究所が取り組んでいる「終活・エンディングノート」

   について、鶴見区と連携して事業を行えないか協議中。

 

・ 今後の連携について

  防災への協力、選挙権年齢が18歳に引き下げられることに伴った

  若年層への選挙啓発活動への協力、小中学校でのスポーツ指導

  への協力など、様々なアイディアが出された。

 

以上

 

第2回協議会は来年2月を予定しております。

本日、本学と鶴見区との包括連携協定協議会を開催しました(平成27年度第1回)。

 

201507271-2.jpg

今年3月に包括連携協定を締結した後、初めての協議会開催になります。

征矢雅和区長、平野仁副区長をはじめとした鶴見区のご関係者の皆様に本学にお越しいただき、

これまでの連携のまとめと、今後の展望について協議しました。

 

201507272-2.jpg

201507273-2.jpg

 主に、観光関連事業、キャリア関連事業、学生ボランティア関連事業、終活・エンディングノート関連事業で連携が進んでいます。

 

201507274-2.jpg

201507275-2.jpg

現在進んでいる事業以外に、どのような連携が可能か、様々なアイディアが出されました。

今後協議しながら進めていくことになりました。

 

201507276-2.jpg

 

201507279-2.jpg

2015072710-2.jpg

2015072711-2.jpg

5年先、10年先も見据えた連携を進めていくことが本学の小林学長から提案され、第1回協議会を終了しました。

 

※第1回協議会の詳細は、後程改めてご報告いたします。

 

 

5月24日(日)に、日本国際情報学会と共同で勉強会「近江商人三方よし経営に学ぶ」を開催しましたが、その講演抄録が出来上がりましたので、公開いたします。

 

講演抄録(20150524).pdf

 

講師は、同志社大学名誉教授で近江商人について研究されている末永國紀先生でした。

 

CIMG2273-2.jpg

 

日本国際情報学会とともに行っているファミリービジネス・老舗の研究は、10月に今年度の第2回勉強会を予定しております。

どうぞご参加ください。

5月24日(日)に、日本大学開館第二別館大会議室において、日本国際情報学会と共同で勉強会を開催しました。

講師として、同志社大学名誉教授で近江商人について研究されている末永國紀先生をお招きし「近江商人 三方よし経営に学ぶ」をテーマにご講演いただきました。

 

CIMG2284-3.jpg

講演では、近江商人の成り立ちや仕組み、近年改めてその考え方が見直されている「三方よし」の精神について、様々な史料をもとにご説明いただきました。「三方よし=売り手よし、買い手よし、世間よし」とは、売り手も満足し(従業員満足)、買い手も満足し(顧客満足)、世間も満足する(社会満足)のがよい商売だとする近江商人の心得です。

 

CIMG2288-3.jpg

講演の中ではほかに、続考見録(近江商人の衰亡譚。商売をダメにする原因は「おごり」と分析)の話題や、女性がどのような役割を果たしていたのか(ロジスティクスや人材育成を担っていた)、近江商人は地方でどのように受け入れられていたのか(商売の傍ら金融業も営んでいたため必要とされていた)など多岐に渡り、大変興味深い内容でした。

 

omi2-3.jpg

参加者からは講演後に活発に質問が出され、大変充実した勉強会になりました。(参加者31名)

本学地域産業研究所は、以前より、日本国際情報学会と合同で勉強会を開催しております。


今回は、近江商人研究の第一人者の同志社大学名誉教授、末永國紀(すえなが・くにとし)博士をお招きします。

学内の方の参加も募集しております。
参加を希望される方は、地域産業研究所にメールでお申込みください(5月18日まで)。
なお、会場の都合上、定員になり次第締め切りとさせていただきます。

1.日時 2015年5月24日(日曜日) 13時~16時

2.場所  日本大学会館第二別館3階大会議室  (千代田区五番町12-5)
http://www.nihon-u.ac.jp/international/japanese_program/schoolhouse/


3.テーマ及び講師
『近江商人三方よし経営に学ぶ』
講師:近江商人研究の第一人者、同志社大学名誉教授 末永國紀博士

主な著書 
『CSRの源流「三方よし」 近江商人学』(2004)サンライズ出版 
『近江商人三方よし経営に学ぶ』(2011) ミネルヴァ書房

4.参加費 500円 (お茶代等)

5.ご参加いただける方は、地域産業研究所までメールでお申込みください。
メールアドレス:tisan@shodai.ac.jp

 

↓地図などを記載したチラシのリンクはこちらです。

http://library.shodai.ac.jp/file/family20150524.pdf

Page top