地域産業研究所

PROFILE

地域産業研究所
地域産業研究所
横浜商科大学の地域産業研究所です。

LINK

飯山幼稚園と協定を締結

2015年12月22日 16:18

横浜商科大学は、飯山幼稚園(園長:松尾美奈子氏)と、「災害時における一時避難場所としての使用に関する協定」を締結しました。災害発生時に園児たちが一時避難場所として本学の敷地を利用することになります。

 

園によると、本来の避難場所までは園から遠く、園児たちを安全に避難させることに難しさを感じていたそうです。今回の協定締結により、園からほど近い場所に園児たちをスムーズに避難させることが可能となりました。

 

また、災害発生時だけでなく、普段から避難訓練などで協力していくことでも合意しています。

 

CIMG3237-2.jpg

(協定を締結した飯山幼稚園)

 

※地域産業研究所は本件の大学側窓口としての役割を担いました。

10月3日(土)に、霞が関ビル33階セミナールームにおいて、日本国際情報学会と共同で勉強会を開催しました。


講師として、千葉の酒蔵「寺田本家」24代当主、寺田優氏にお越しいただき、「創業340年、酒蔵に受け継がれる伝統・本物の酒造り」をテーマにご講演いただきました。その講演抄録ができあがりましたので、公開いたします。


講演抄録(20151003).pdf


DSC00709-2.jpg
DSC_4110-2.jpg

 今年3月に鶴見区と本学は「包括連携協定」を締結し、様々な事業で協力していくことになりましたが、その一環として、「鶴見区工業会」が発行する「鶴見区工業会会報」の中で、鶴見区工業会所属企業をご紹介する記事を商科大で担当することになり、学生記者の林さん、松下さんとともに取材に行ってきました。


 このたび、その記事が掲載された「鶴見区工業会会報10月号」が届きました!会員限定誌のため、webでは中身を公開できませんが、ご覧になりたい方は図書館までお越しください。

 

DSC_4326-2.jpg

10月3日(土)に、霞が関ビル33階セミナールームにおいて、日本国際情報学会と共同で勉強会を開催しました。


講師として、千葉の酒蔵「寺田本家」24代当主、寺田優氏にお越しいただき、「創業340年、酒蔵に受け継がれる伝統・本物の酒造り」をテーマにご講演いただきました。


DSC_4098-2.jpg

寺田本家は、「自然に学ぶ酒造り」をモットーに、無添加、無濾過、無農薬米の使用、昔作り(生酛 造り)にこだわった純米酒を醸す千葉の蔵元です。 

基本的な酒造りのことから、大事にされている家訓のこと、代々蔵を支えてきた女性の方々が果たしてきた役割などについて伺いました。


DSC_4110-2.jpg

DSC_4104-2.jpg

講演の詳細については、後日講演録を公開する予定です。

本学地域産業研究所は、以前より、日本国際情報学会と合同で勉強会を

開催しております。

 

今回は地域産業研究所が取り組んでいる研究テーマの一つ

「ファミリービジネス」の研究「老舗企業の研究と暖簾の継承」

の一環として、酒蔵の「寺田本家」24代当主、寺田優氏にお話を伺います。

 

【開催日時】 平成27年10月3日(土)13時~16時

 

【開催場所】 霞が関ビル33階セミナールーム 下にあるチラシからご覧ください。

 

【テーマ】 近江商人の概要、事業継承(社風・家訓の継承)、

       女性の役割などについて

 

【講師】 寺田本家 24代目当主 寺田優氏

 

【参加申し込み締切日】9月9日(木)※応募は学内の方のみです。

 

【寺田本家】

 
自然に学ぶ酒造りをモットーに、無添加、無濾過、無農薬米の使用、
昔造り(生酛 造り)にこだわりぬいた純米酒を醸す千葉の蔵元です。
 
詳細はこちらのチラシをご覧ください。会場地図も掲載しております。

 

 

Page top