地域産業研究所

PROFILE

地域産業研究所
地域産業研究所
横浜商科大学の地域産業研究所です。

LINK

20153月に鶴見区と本学は「包括連携協定」を締結し、その後、様々な事業で協力しています。その一環として、「鶴見区工業会」が発行する「鶴見区工業会会報」の中で工業会所属企業を紹介する記事を商科大の学生記者が担当しています。

今回は、鶴見区生麦に本社を置く、株式会社筒見工務店に伺いました。取材を担当したのは、小林二三夫地域産業研究所所長、高羽地域産業研究所研究員、学生スタッフ唐(貿易・観光学科4年)です。

 

【会社の沿革、概要】

1956(昭和31)年に創業した株式会社筒見工務店は、木造注文住宅や住宅リフォーム、店舗・工場・倉庫などの設計から施工までを手掛ける総合建設会社です。神奈川県や横浜市を中心に、戸建てからアパート、マンション、公共施設まで多種多様な建物を手掛けています。水道の蛇口の取り換えのような小口工事から、建物の設計、施工、完成まで一貫して手掛ける大口工事まで、幅広く受注しています。


筒見工務店ブログ1.JPG(取材の様子)


【少人数経営の秘訣】

筒見工務店は少人数ながら、年間売上高(平成28年度)10億を超えています。その秘訣を筒見社長に伺いました。

建築の世界では、工事規模にもよりますが、現場に最低1名の監督(監理)技術者の常駐が義務付けられています。監督技術者とは、一級建築士、二級建築士、一級建築施工管理技士、二級建築施工管理技士のような専門資格を持ち、工事現場で作業工程や安全の管理、人員配置など全体を指揮する人を指します。特に現場には、測量技術者、塗装技術者、クロスや内装技術者、ガス・水道・電気の専門技術者、土地を掘削する堀削機械やショベルカーの免許をもつ作業員、建物を解体する作業員など業種が異なる業者がたくさんいるため、幅広い知識と経験のある監督技術者が必要とされます。筒見工務店と付き合いのある協力会社は、大小合わせ200社あり、それぞれ専門性が高く、請け負う工事ごとに適切に取りまとめ作業を依頼しているそうです。

現在、社員14名の内8名が監督技術者で、平均年齢50歳のベテランだそうです。スキルによって請け負う工事の規模も異なりますが、年間大小工事を合わせ、大体一人あたり1億円の売上を上げているそうです。

監督技術者の仕事は、現場で起きるあらゆることに対し、適切に対応しなければいけません。また、突発的なできことも頻繁にあるので、専門知識以外に臨機応変に対応できる能力も求められます。さらに職人さんたちと昼夜ともに作業を行うので、対人関係も上手にこなすことも重要とされます。新卒者や若者は、現場監督の仕事に憧れてスタートしても、マニュアルがなく、現場で覚えていく厳しさに耐えきれず、途中でやめる人もいるそうです。筒見社長は、若者への人材育成が今後の課題だとおっしゃいました。

筒見工務店ブログ2_大倉山保育園.JPG

(大倉山保育園)


【手掛けた工事の数々】

筒見社長からこれまで手掛けた工事について紹介していただきました。

保育園や小中高のような学校施設の増築、耐震工事、または、子どもや生徒たちが使いやすいように改修する工事などを多数手掛けています。また、過去には本学からも数多くの工事を依頼しました。例えば、6号館2階の食堂の改築工事、外壁改修・補修工事、体育館床改修工事、研究室棟改修工事などがあります。現在、主に部活動で利用されているみどりキャンパスの総合グランド管理棟も施工されています。


筒見工務店ブログ3_横浜商科大学総合グランド管理棟.JPG

(本学のみどりキャンパスの総合グランド管理棟)


注文住宅の実績もあり、木造住宅や日本の伝統文化を取り入れた純和風の特殊注文もあるそうです。大工や左官職人のような専門技術を持った職人が必要ですが、現在その技術を持った職人は少なく、しかも高齢化しています。しかし、筒見工務店はそのような高い技術を持った人材にも広いネットワークを持っているため、特殊注文にも対応できています。

個人住宅や茶道の先生からの茶室設計施工なども多数手掛けています。また、国家指定重要文化財の外交官の家をはじめ、横浜市認定歴史的建造物である馬場赤門や宗教法成佛寺本堂の改修工事の施工実績もあります。


筒見工務店ブログ4_.JPG

(金子課長より木材の加工方法について説明していただきました。)


最近は、地域のケアプラザのような公共施設も手掛けています。官公庁の公共施設は、一般公募入札がほとんどで、入札に参加した会社の中から、工事の技術力や費用など総合的に判断し、一番適切な施工会社に工事を発注するそうです。筒見工務店は、技術の面はもちろん、費用の面でも一番適切な金額を提示したことから、実績を積むことが出来たそうです。鶴見区では、東寺尾、寺尾、馬場の地域ケアプラザの新築工事を施工しました。


筒見工務店ブログ5_馬場地域ケアプラザ.jpg

(馬場地域ケアプラザ)


【会社の受賞歴】

創業以来「自主的な真心と、優れた技術力をもって最高の品質を御客様に提供する」という経営理念を実践し続けた結果、1995(平成7)年神奈川建築コンクール「個人住宅部門特別賞」受賞、2002(平成14)年横浜市優良工事請負業者建築部門表彰受賞など多数の表彰を受けています。

また、地域との繋がりを大切にし、地域の清掃のような環境保全活動をはじめ、地域のイベントへの寄付活動などを積極的に行っています。それが横浜市に評価され、2010(平成22)年「横浜型地域貢献企業」最上位認定を受けました。


筒見工務店ブログ6_横浜優良工事請負業者.png

2002(平成14)年に受賞した横浜市優良工事請負業者建築部門表彰状と記念の盾)


【筒見社長が大事にしていること】

お客様や元請会社から請け負った工事に対し、要望に応えた完成度の高い施工をするだけでなく、定期的にお客様と連絡を取るなどアフターフォローも積極的に心掛けているそうです。お客様と一生のお付き合いをする気持ちで工事を手掛けているので、厚い信頼関係を築くことができています。中には、三代まで続くお付き合いをしているお客様もいるそうです。

また、筒見社長は、平成3年に筒見工務店に入社し、平成10年に社長に就任しましたが、その前は、建築資材の取扱をはじめ、住宅施工・管理・仲介などを手掛ける地元のデペロッパーに5年ほど勤めていたそうです。今もそのご縁を大事にし、建築資材の調達や、お客様の住宅仲介の紹介など仕事の面でも連携を取っているそうです。

筒見社長は、お客様の「""実現へのお手伝い」を会社の看板に掲げ、21世紀に相応しい総合建設業を目指しているとおっしゃっていました。

筒見工務店ブログ7.JPG

(筒見社長)


【取材を終えて】

これまで建設業について知る機会がなく、建設業はどんな業界なのかもわかりませんでした。今回の取材を通して、建設業の仕事はイメージと違い、ただ現場の監督だけではなく、お客様の要望に応えるため職人さんと一緒に企画し作り上げるものだとわかりました。お客様の要望に応え、実現させるとてもやり甲斐のある仕事だと感じました。


筒見工務店ブログ8_.jpg(筒見社長、商科大学生記者、金子課長)


★株式会社筒見工務店 http://www.tutumicf.co.jp/index.1.htm


 2015年3月、本学は鶴見区と包括連携協定を締結し、様々な事業で協力していくこととなりました。その一環として、「鶴見区工業会会報」の中の鶴見区工業会所属企業をご紹介する「会員コーナー」という記事を、一昨年10月号より本学が担当しています。

 このたび、新たに取材した4社の紹介記事が掲載された「鶴見区工業会会報第122号」が届きました!今回は、学生記者2名が、以下の4社の企業への取材を担当しています。

  (取材順)
   ・株式会社筒見工務店
   ・日東発条株式会社
   ・谷川油化興業株式会社
   ・田村工業株式会社

IMG-6220.JPG

会員限定誌のため、webでは中身を公開できませんが、ご覧になりたい方は図書館までお越しください。


Page top