地域産業研究所

PROFILE

地域産業研究所
地域産業研究所
横浜商科大学の地域産業研究所です。

LINK

TSURUCHARM取材記事(8)「YURIショップ」

2017年09月30日 06:51

2015年3月に鶴見区と本学は「包括連携協定」を締結し、様々な事業で協力していくことになりましたが、その一環として、「鶴見区工業会」が発行する「鶴見区工業会会報」の中で工業会所属企業を紹介する記事を商科大が担当することになりました。

今年、鶴見区が区制90周年を迎えるにあたり、これまで商科大学で担当してきた22社と、鶴見区らしい企業、事業所等41箇所の取材記事を新たに加えてまとめ、『TSURUCHARM~私が見た鶴見★しごと~』として冊子を発行することとなりました。

本ブログでは、冊子のなかで紹介できなかった内容について広くご紹介致します!
--------------------------------------------------
今回は、ブラジル雑貨等を販売、提供するYURIショップに伺いました。取材を担当するのは、小林地域産業研究所所長、高羽地域産業研究所研究員、学生スタッフ大橋(観光マネジメント学科3年)です。

【YURIショップ、どんなところ?】
YURIショップは、鶴見区仲通り商店街にある、ブラジル、フィリピン、ペルー等の日用雑貨や加工肉、調味料、豆類等の売り場とブラジル料理のレストランが併設された専門店です。レストランでは本格的なブラジル料理が提供されていますが、そのほとんどすべてにブラジルの国民食である豆の煮込みスープが付いてきます。このスープの材料である豆類はYURIショップで1番の人気商品です。
ブラジル以外にも、フィリピン、ボリビア、ペルー、アルゼンチン等、様々な国の人たちがこの店に足を運んできます。

★YURIショップブログ_1.JPG(取材の様子)

★YURIショップブログ_2.JPG
(人気商品の豆たち)

【ブラジル出身者の多いまち・鶴見】
鶴見区には横浜市内全体の半数を超える1000人以上のブラジル出身者が暮らしています。鶴見区はもともと京浜工業地帯の工場で働く人々が住む町として発展し、そのなかには沖縄出身者も多く含まれていました。1990年代以降、鶴見に住む親戚や兄弟を頼り、かつて沖縄から南米に渡った人々の子孫にあたる日系2世、3世が来日するようになり、現在に至ります。

社長の小橋川百合子さんも、ブラジルのサンパウロ出身の日系2世で、1989年に来日しました。当初は2年程度働き、ブラジルに帰国する予定でしたが、17年前、先に友人が経営していたこのお店を受け継ぎ、以来、鶴見に在住しています。お店を始めた当初は友人が経営していた「ロジールYURI」という名前をそのまま使っていたそうですが、3年前にYURIショップに改名したそうです。

★YURIショップブログ_3.JPG
(お話を伺った小橋川社長)

YURIショップは、小橋川社長のご両親や娘さんと共に経営しています。また、ご兄弟は千葉で同様のブラジル雑貨のお店を開いているそうです。日本に来て小橋川さんファミリーが一番苦労したことは、日本語を覚えることだったそうで、来日当初は大変だったとおっしゃっていました。

★YURIショップブログ_4.JPG
(小橋川社長とお父様)

【地域とのかかわりあい】
2015年秋、日本とブラジルの外交樹立120周年を記念した「ブラジルWEEK in つるみ」が、鶴見区、ブラジル総領事館の協力を得て鶴見区で開催されました。ブラジルの音楽(サンバ)や料理、スポーツなどブラジルの文化に触れる機会として大変な反響を呼び、翌年も2年連続で開催されました。YURIショップもイベントスタッフに出される食事を無料で提供し、とても喜ばれたそうです。

★YURIショップブログ_5.JPG
(YURIショップで食べられるブラジル料理)

ブラジルでは、毎食のように肉と豆を食べるそうで、YURIショップにも珍しい加工肉等の食材がたくさん売っていました。

★YURIショップブログ_6.JPG
(ブラジル料理に欠かせないコーヴェ(ケール)も取り扱っています)

また、今回の取材中に、パステルという牛肉やタマネギを小麦粉でできた皮で包み揚げたブラジル版揚げ餃子をいただきました。想像していたよりも大きなサイズで、1つ食べただけでお腹がいっぱいになり、とても美味しかったです。店内ではこの他にも色々なブラジル料理を食べることができます。一番の人気メニューはピザだそうです。小橋川社長は、いつか2号店として、レストランを開くという目標があるとおっしゃっていました。

★YURIショップブログ_7.JPG
(パステルを食す大橋記者)

【取材してみての感想】
小橋川社長の気さくな人柄と、YURIショップの明るい雰囲気に触れ、あまり緊張せずに取材を終えることができました。これからもYURIショップには日本とブラジル文化の交流の掛け橋としてありつづけてほしいと思いました。

★YURIショップブログ_8.JPG
(YURIショップの前で)

Page top