地域産業研究所

PROFILE

地域産業研究所
地域産業研究所
横浜商科大学の地域産業研究所です。

LINK

TSURUCHARM取材記事(5)「日産自動車株式会社横浜工場」

2017年09月30日 06:22

2015年3月に鶴見区と本学は「包括連携協定」を締結し、様々な事業で協力していくことになりましたが、その一環として、「鶴見区工業会」が発行する「鶴見区工業会会報」の中で工業会所属企業を紹介する記事を商科大が担当することになりました。

今年、鶴見区が区制90周年を迎えるにあたり、これまで商科大学で担当してきた22社と、鶴見区らしい企業、事業所等41箇所の取材記事を新たに加えてまとめ、『TSURUCHARM~私が見た鶴見★しごと~』として冊子を発行することとなりました。

本ブログでは、冊子のなかで紹介できなかった内容について広くご紹介致します!
--------------------------------------------------

今回は、日産自動車株式会社の横浜工場に伺いました。取材を担当するのは、小林地域産業研究所所長、高羽地域産業研究所研究員、学生スタッフ菅野(商学科3年)です。

【日産自動車株式会社横浜工場、どんなところ?】
日産自動車株式会社は、1933(昭和8)年に自動車部品から最終組み立てまで行う自動車一環生産工場として横浜で創立しました。現在の横浜工場は、総面積約54万㎡(東京ドーム約11個分)という非常に広大な敷地で、エンジンやモーター、サスペンション部品といった自動車の最重要部品のマザー工場として操業しています。敷地内には日産エンジンミュージアムを併設しており、日産自動車の歴史等について学ぶこともできます。
 
★日産ブログ_1.JPG
(取材時の様子)

【横浜工場の取り組みと新たなプロジェクト】
村田工場長は、「人々の生活を豊かに」という日産自動車のビジョンのもと、革新的な挑戦をしつつ、安全や環境問題を解決する商品を提供していくことを横浜工場の役割としているそうです。最近の大きなプロジェクトとして、世界初のVCターボエンジンを生産準備したことが挙げられます。このエンジンは、世界初の可変圧縮比技術を採用しました。同技術により高性能2リッターガソリンターボエンジンのパワーとディーゼルエンジンの特長である高いトルクと効率性を併せ持つこれまでにない最先端のエンジンの一つです。
 
★日産ブログ_2_VCエンジン.jpg(VCエンジン)

また、村田工場長は地元あっての工場であるということを繰り返しおっしゃっており、子供と高齢者の交通事故防止を目的とした「ハローセーフティーキャンペーン」を行ったり、毎年行われる祭りでのバザーの売り上げと監督者組織の募金で鶴見区、神奈川区内の福祉施設へ物品を寄付したりと、地域貢献活動も積極的に行っています。

 
★日産ブログ_3.JPG
(お話を伺った村田横浜工場長)

【世界に誇る「匠」の技術】
 横浜工場には、日産自動車が誇るスポーツカー「GT-R」のエンジン組み立てを「匠」と呼ばれる職人が、塵や埃のない専用のクリーンルームで1基1基組み立てています。「匠」は、日本を含む世界20の国や地域で展開する日産自動車のなかでもこの横浜工場に所属するわずか5名のみ。卓越した感覚と手組みによる精密さで、数ミクロン単位で部品の調整等を行うそうです。組み立てられたエンジンには「匠」のネームプレートが装着されており、職人としての誇りとその品質に最後まで責任をもつという覚悟の証でもあります。
 
★日産ブログ_4.JPG
(エンジンミュージアム内の様子)
 
★日産ブログ_5_GT-R.jpg
(GT-R)

【工場見学を通して】
 取材後に工場を見学させていただきましたが、広い工場内には、様々なエンジンの生産ラインがくまなく張り巡らされており、圧倒されました。ほとんどの工程で、ロボットや機械による自動化が進んでおり、敷地面積に対して、想像していたより作業員の方が少ないことが印象的でした。
 
Yokohama-Factory-1200x800 - コピー.jpg
(工場内の様子:シリンダーブロック投入ロボット)

通常約1時間の見学コースのところ、一般見学では見ることのできない場所まで案内して頂き、横浜工場の広大さと生産量の多さを実感しました。年間約3万人以上が訪れるという一般向けの工場見学ツアーはとても人気で、常に3ヶ月先まで予約がいっぱいの状態だそうです。鶴見区・神奈川区の小学校を対象に優先枠を設けるなど、毎年たくさんの見学申込があるそうで、小学生にとっても、モノづくりを間近で体験することのできるとても良い機会であると感じました。

★日産ブログ_7.JPG
 (日産横浜工場ゲストホール河村館長にご案内いただきました)

★日産ブログ_8.JPG
 (エンジンミュージアム前で、河村館長と共に)

【取材メモ】
世界を代表する自動車メーカーの取材にお伺いし、最初はとても緊張しましたが、「明るく楽しく元気に」がモットーだという工場長から、エンジンや自動車業界について気さくにお話いただき、自動車のことが以前より身近に感じられるようになりました。

★日産ブログ_9.JPG
 (学生記者菅野と村田工場長)

★日産自動車株式会社 横浜工場
http://www.nissan-global.com/JP/PLANT/YOKOHAMA/

Page top