地域産業研究所

PROFILE

地域産業研究所
地域産業研究所
横浜商科大学の地域産業研究所です。

LINK

神奈川産学チャレンジプログラムは、
県内の大学と一般社団法人神奈川経済同友会の会員企業・団体が協同し、

産学連携による学生の人材育成を目的とした課題解決型研究コンペです。

企業から研究テーマが提示されます。
それに対し学生が研究し実践的で実効性のある解決策を、

研究レポートとして提出します。
テーマ提示企業・団体の審査を経て、

最優秀賞および優秀賞が表彰されます。
毎年県内の多くの学生チームが参加しています。
皆さんもぜひチャレンジしてください。

資料を検討し、応募する学生チームは4/24(金)までに、
地域産業研究所(図書館奥司書室内)へ連絡してください。

第12回実施要綱.pdf

第12回応募規定.pdf

(要綱別紙5)応募用紙兼登録台帳.xlsx

第12回テーマ一覧.pdf

平成27年3月20日、横浜市鶴見区と本学は包括連携協定を締結しました。

 

この協定は「相互の緊密な連携と協力により、地域の課題に適切に対応し、活力ある個性豊かな地域社会の発展に寄与すること」を目的としています。

 

3月20日に行われた締結式では、鶴見区長の征矢雅和氏と本学柴田学長から、両者が商業活性、観光分野での連携事業はもちろんのこと、国際交流、福祉、防災に関することまで幅広い分野での連携、取り組みを検討していく意向が延べられました。

 

20150320t_agree[1].jpg

地域産業研究所の研究員を中心に、4年をかけて、新日本スーパーマーケット協会の後援のもと小売業関係者のご意見を参考にとりまとめた書籍「ようこし小売業の世界へ~先人に学ぶ商いのこころ~」が3月に商業界から刊行されました。

 

CIMG2247-2.jpg

「今までになかった小売業の歴史を踏まえた「小売業の教科書」として」

「学生が小売業界を理解し将来の進路選定の一助になるように」

「小売業界に従事されている方々が、もう一度小売りの歴史と知識を整理していただき、自らの起業をも視野に入れ日々の業務に励む材料として」

「周辺業界の方々へ、小売業に対し共通認識をいただき、協業・提案の際のマニュアルとして」

 

以上を目的として刊行した書籍で、大変好評をいただいております。

Page top