相談室

PROFILE

相談室
保健室
横浜商科大学の保健室です。

LINK

外出自粛とアルコール

2020年06月29日 09:42

新型コロナウイルスによる外出自粛という生活スタイルの変化に伴い
「アルコール依存」に関する相談が急増しているそうです
家にいる時間が増え 「リモート飲み会」という新しい言葉もでき 
飲んで帰ることや翌日の通勤・通学の時間も気にせずに飲めるので
ついつい飲酒量が増えてしまいがちになっていませんか?
自粛が解除された解放感から 頻繁に飲酒してしまうなんてことも...
アルコール依存症はあなたの命を脅かします
飲み会終了時間をあらかじめ設定するなど 節度をもつことが大切です
あなたご自身の準備として 飲む量を決めておいて 追加をしないようにしましょう

 

「お酒を飲むとウイルスが死滅する」なんて話は怪しいです
アルコールは消毒に使いますが 一般のアルコール飲料には体内の消毒作用はありません
アルコール濃度が高いもの効果があると思われるかもしれませんが
体に負担がかかるだけではなく 体の免疫力まで奪ってしまいます
世の中は疑わしい情報にあふれています
注意しましょう

飲酒するにあたって注意すべきことは

   飲みすぎない:ほろ酔いまで

   無理に勧めない:特に未成年には勧めてはいけません。調子に乗って一気飲みは厳禁
無理な勧めは断ること

   状況をみて計画を:飲み会を開催しないという選択肢も大事
リモートで行うか
集まる場合は 人と人との間隔と座る位置 食べ物のとりわけかたに注意が必要
リモート飲み会では、自分の飲むもの(未成年者はソフトソフトドリンクで参加する)量を決められ
おつまみも好きなものにできるメリットがある

   間違った情報をうのみにしない:嘘のSNS等には注意。

 

お酒は人と人のコミュニケーションを円滑にしてくれるもの
本音で語り合って距離が縮まったり、年齢や立場を超えて仲良くなれたりするのは
お酒という媚薬の効能

 しかし
飲んではいけないとわかっている場面で 飲んでいないと心が落ち着かない
飲酒を我慢できない 飲まないと眠れない方は「アルコール依存症」の心配があります
飲み方が気になった人は、保健室に早めに相談ください

 インターネットで「
AUDIT」を検索すると飲酒習慣スクリーニングテストがあり
飲酒習慣の評価ができます


 

Page top