相談室

PROFILE

相談室
相談室
横浜商科大学の相談室です。

LINK


2月17日厚生労働大臣が記者会見で「感染の拡大を防ぐため、発熱などの風邪症状がみられる場合は学校を休んでください。」と述べていましたが、風邪症状のある方は学校・仕事を休み、自宅、ご家族と同居の場合は自室で療養してください。

これは、新型コロナウイルス感染の症状の軽い人の、ウイルス排出のピークが発症から34日といわれていることと、感染経路がはっきりわからない感染者が出ているためです。不要不急の会合や外出は控えるようにも言われています。

 また、

感染の疑いがある人のために「帰国者・接触者相談センター」に電話で相談ができようになりました。

感染が疑われる人とは、次の①または②に該当する人です。

① 発症前2週間以内に新型コロナウイルスに感染した人と濃厚接触(同居あるいは長時間車内、航空機内にいたい)した者で発熱または息苦しさを有する人。

② 発症前2週間以内に「湖北省及び浙江省を訪問した人」または「湖北省及び浙江省への渡航歴がある人と濃厚接触した人」で発熱かつ呼吸器症状のある人。

「帰国者・接触者相談センター」の連絡先は、自治体のホームページを参照してください。

 

医療機関受診の目安は

37.5度以上の発熱が4日以上続いている。(あるいは風邪薬・解熱剤を4日以上服用している。)

・強いだるさ、息苦しさがある。

通常であればどこの医療機関でも受診できますが、新型コロナウイルスの感染を疑われる場合は「新型コロナウイルス感染専用ダイヤル」に連絡して、受診する医療機関を紹介してもらってください。

「新型コロナウイルス感染専用ダイヤル」

神奈川県は 045-285-0536(受付時間9時から21時まで)

 

受診時の注意事項も教えてもらえますが、受診時はマスクを着用し、公共交通機関は使用しない。自家用車等を使用する際は窓を開けて走行しましょう。

 

日頃から、睡眠不足、栄養不足、運動不足にならないよう注意し、体力をつけておきましょう。また、感染したことを想定し、体温計や数日分の食料・飲料水も確保しておきましょう。

Page top