相談室

PROFILE

相談室
相談室
横浜商科大学の相談室です。

LINK

「性の健康医学財団」が子宮頸がん早期発見のための

ヒト・パピローマウイルス(HPV)自己採取検査を受ける方を募集しています。

 

子宮頸がんは20歳代から30歳代にかけて飛躍的に増える若い人に多いがんです。

その原因がヒト・パピローマウイルスの感染であることが分かっています。

対策としてワクチン接種が有効ですが、現在日本では推奨されていない状況です。

ワクチンで予防ができなければ、

がんを自覚症状のない、早い段階で見つけ、早く治療を始める

早期発見早期治療が必要になります。

早期発見のためには、定期的にがん検診を受ける必要がありますが、

子宮頚がん検診の受検率は「婦人科を受診する」ことが敬遠されているのか、

日本人女性で201542.1と低調です。

 

今回ご案内する自己採取検査は受診せずご自身で、

子宮頸がんの原因となるヒト・パピローマウイルス(HPV)の感染の有無と

感染している場合のウイルスの型を無料で知ることができます。

通常5000円位の検査費用がかかります。

対象は18歳~80歳未満での日本語を理解できる女性です。

検査をご希望の方は、各自で「性の健康医学財団」に申し込みをしてください。

自宅に検査キットが送られてきます。

ご住所は詳細に間違いなくお知らせください。

ご家族様 複数で希望される場合もおひとりおひとりの申込みとなります。

先着500名ですので、ご希望の方は早めにお申し込みください。

 

子宮頸がん、HPV自己採取検査、その他わからないことは、

保健室 山本までお問い合わせください。

保健室 山本は 性の健康医学財団より 

性の健康カウンセラー の認定をいただいております。

公益財団法人 性の健康医学財団は健康相談を行っておりますので、

そちらに直接ご相談、お問いいただくこともできます。

 

性の健康医学財団

https://www.jfshm.org/

申込み・問い合わせ

https://www.jfshm.org/contact/

Page top