相談室

PROFILE

相談室
相談室
横浜商科大学の相談室です。

LINK

もし、人が目の前で倒れたら・・・救命処置を行いましょう。

心配蘇生法 http://www.med.or.jp/99/ 資料と「心配蘇生法 動画」で検索し手順を確認してください。

 

    安全の確保 周囲の安全を確認します。

    反応の確認 次に、倒れている人の耳元で肩をたたきながら大丈夫ですかと問いかける。返事や反応がない場合は119番通報とAEDの手配をします。

    119通報とAED手配 誰か・・・ではなく、あなたは・・・とそれぞれ役割をきちんと指示しましょう。誰もいないときは自ら119番通報をします。119番をすると処置の指示をしてくれます。救急隊が通報から現場到着までに平均8.6分かかります。この間にできるだけの処置を行います。

    呼吸の確認 呼吸の見方は10秒くらいで胸と腹部の動きをみて、普段通りの呼吸かどうかをみます。普段通りでなければすぐに胸骨圧迫(心臓マッサージ)を始めます

    胸骨圧迫 胸の真ん中を、強く(両腕を伸ばして、胸が5㎝沈む位に) 速く胸がもとの高さに戻ったら1分間に100120回のテンポで)絶え間なく(交代しながらでも、中断は最少限に)

⑥できれば人工呼吸を 人工呼吸はできるだけ感染予防具を使ってください。胸骨圧迫30回に2回の割合で。倒れている人の額を抑え、顎をあげ、鼻をつまんで、1回秒のかけて息を吹き込みます。

AED・救急車が来るまで胸骨圧迫と人工呼吸を繰り返します。

 

AEDの使用 AEDは開ければ作動するものとスイッチを入れて作動させるものがあります。作動したら音声ガイドに従います。パッドを装着すれば、電気ショックが必要かそうでないかはAEDが判定します。電気ショックが必要な場合、ガイドに従ってショックボタンを押してください。

電気ショック後、AEDはガイドを続けるので装着したまま、すぐに心配蘇生(胸骨圧迫と人工呼吸)を再開、救急隊の到着まで繰り返します。

 

現在、AEDは横浜商科大学学内「1号館1階・学生総合センター前」「2号館1階学生ホール」「7号館3階体育館前」3カ所に設置しています。緊急時は迷わず使用してください。

Page top