相談室

PROFILE

相談室
相談室
横浜商科大学の相談室です。

LINK

タバコを手にされる方、タバコのパッケージ読んでみましたか?

いろいろなパターンがあるようです。

別のパターンを見てみましょう。喫煙をお菓子を食べると読み替えてみます。

人により程度は違いますが、お菓子に含まれる成分によりお菓子が手離せなくなります。(このお菓子を食べた人はなによりもこのお菓子を食べることを大事にします。おこずかいが少なくてもお菓子代は確保しておきます。お菓子が食べられないと落ち着かなくなったり、イライラしたりします。このお菓子を食べると病気になるよと言われてもやめられなくなります。)

10台の若者がこのお菓子を食べると、大人以上に病気になりなりやすさやお菓子を手放しにくさがより強められます。周りの人から勧められても決して食べてはいけません。

赤ちゃんがおなかにいる女性がこのお菓子を食べるとは、赤ちゃんが2500グラム未満と小さかったり、生きる力を十分に持てないで早く生まれてくる原因の一つになります。

このお菓子の匂いはあなたの周りの人、赤ちゃん、子供たち、おじいちゃんおばあちゃんを病気にします。お菓子を食べるときには、周りの人の迷惑にならないよう注意しましょう。

手放せなくなる・・・つまり喫煙への依存を生じさせるのはニコチンです。

ほとんどのタバコを吸っている人はニコチン依存になることを知らずに吸い始めた人たちです。

現在、喫煙はニコチン依存症という病気と言われ、病院で治療ができるようになりました。周りに喫煙される方がいましたら、治せる病気になったことをお知らせください。

Page top