相談室

PROFILE

相談室
保健室
横浜商科大学の保健室です。

LINK

タバコを手にされる方、タバコのパッケージ読んでみましたか?

いろいろなパターンがあるようです。

別のパターンを見てみましょう。喫煙をお菓子を食べると読み替えてみます。

人により程度は違いますが、お菓子に含まれる成分によりお菓子が手離せなくなります。(このお菓子を食べた人はなによりもこのお菓子を食べることを大事にします。おこずかいが少なくてもお菓子代は確保しておきます。お菓子が食べられないと落ち着かなくなったり、イライラしたりします。このお菓子を食べると病気になるよと言われてもやめられなくなります。)

10台の若者がこのお菓子を食べると、大人以上に病気になりなりやすさやお菓子を手放しにくさがより強められます。周りの人から勧められても決して食べてはいけません。

赤ちゃんがおなかにいる女性がこのお菓子を食べるとは、赤ちゃんが2500グラム未満と小さかったり、生きる力を十分に持てないで早く生まれてくる原因の一つになります。

このお菓子の匂いはあなたの周りの人、赤ちゃん、子供たち、おじいちゃんおばあちゃんを病気にします。お菓子を食べるときには、周りの人の迷惑にならないよう注意しましょう。

手放せなくなる・・・つまり喫煙への依存を生じさせるのはニコチンです。

ほとんどのタバコを吸っている人はニコチン依存になることを知らずに吸い始めた人たちです。

現在、喫煙はニコチン依存症という病気と言われ、病院で治療ができるようになりました。周りに喫煙される方がいましたら、治せる病気になったことをお知らせください。

インフルエンザ注意報が神奈川県より出されました。
この時期から2月にかけては例年流行期に当たります。

予防のためにまめに手洗い、人ごみでのマスクの着用、休養と保温に留意してください。

これらの注意はノロウイルスの感染予防と共通するので、実行してください。

手洗いは手首・指のそれぞれの付け根・爪も意識しながら、指輪・腕時計を外して30秒かけて行ってください。くれぐれも外した物を忘れないように!

くしゃみ・咳が出る方はマスクを着用してください。咳エチケット!!!

普段から睡眠時間を確保していてください。体調がよくないときはいつもより2時間程度睡眠時間を多くしましょう。

インフルエンザ感染が疑われる倦怠感・関節の痛みや高熱が出た場合は、医療機関を受診してください。

インフルエンザと診断された場合は保健室までお知らせください。
流行の把握にご協力をお願いいたします。

タバコを手にする機会のある方、タバコのパッケージをよーく読んだことありますか?

一言でいうと「健康に影響する」と書いてあります。

たとえば、いい香りのするお菓子のパッケージに書いてあったら・・・と読み替えてみましょう。

このお菓子の匂いはあなたの周りの人、赤ちゃん、子供たち、おじいちゃんおばあちゃんを病気にします。お菓子を食べるときには、周りの人の迷惑にならないようにしましょう。

このお菓子はあなたにとって生死にかかわる心臓病、一命を取り留めても生活に運動制限、食事制限があったり、今後ずーと病院にかかって薬を飲み続けるような病気になる危険性を高めます。信頼できる統計によると、このお菓子を食べる人はこの心臓病で死亡する割合がこのお菓子を食べない人に比べて1.7倍高くなります。

実際のパッケージには 心筋梗塞の危険性を高めます と書いてあります。

タバコのパッケージを手にすることがあったら、よーく読んでみてください。

 

 

 

 

 

12月より就職活動が開始になりました。

保健室がまず関係するのは健康診断書ですが、本学では健康診断書の発行は卒業年次の5月からになります。

つまり、3生のうちは診断書は発行できません。4月健康診断を受けてその後となります。

会社から健康診断書を請求された場合は、そのようにお答し会社からの指示をもらってください。

会社からの指示が5月まで待てないというものであれば、各自で自費で健診を受けることになりますが・・・そのような場合は一度保健室にご相談ください。

 

Page top