国際交流

国際交流トピックス

aa

※2016年以降の活動は横浜商科大学Facebookページにてご報告します。

ドイツ ケンプテン応用科学大学と学術交流協定を締結

ドイツ Kempten University of Applied Sciences( ケンプテン応用科学大学)と本学との間で学術文化交流協定が締結(2011年1月)されました。この締結により、今後、両校間で学生や教員の交換プログラムが実施される予定となります。

関連リンク

http://www.shodai.ac.jp/pdf/international/20110224kempten_reaf.pdf

ドイツ ケンプテン応用科学大学と学術交流協定を締結

2011年度 財)ロータリー米山記念奨学生に留学生2名合格

かねてより同奨学会による面接を終え、審査の結果を待ち望んでいた本学留学生の2名が同時合格し、2011年度奨学生となった。2名ともネパール王国出身の3年次生、タパ  アニュジュさんと、バスネット エソダさん。2011年度ロータリー米山記念奨学生となる2名は、本学に留学した経緯は異なるが、どちらも出身国はネパール王国。合格を手にした二人は、それぞれ受賞の喜びを、「この上ない喜び」、「さらに研究に時間を費やすことができて嬉しい」、「奨学金」にも増してロータリアンとの交流やつながりにより更に成長したい」、と語っていました。

2011年度 財)ロータリー米山記念奨学生に留学生2名合格

2011年度の交換教授について

本学と文化交流協定校であるUPBから初めて交換教授として、Dr. Donald Ulinが2011年度前期に本学で講義をおこないます。英会話の授業と、英米文学の授業を担当します。(写真は、詩の朗読をおこなうUlin先生) 本学からは、すでに今年1月から交換教員として、小林二三夫先生が派遣されています。(小林先生、UPB学長、副学長と)同じく本学と文化交流協定を締結している中国北京第二外国語学院から、教員の張 志軍先生が2011年度1年間本学で講義をおこないます。講義科目は中国語会話や、中国事情などを担当します。張先生は、今回で3度目の来校となるベテラン教員です。

2011年度 財)ロータリー米山記念奨学生に留学生2名合格

本学3年次生タパ・アヌジュさん国連大学グローバルセミナー第26回湘南セッションに参加

本学3年次生タパ・アヌジュ(ネパール出身)が、湘南国際村(神奈川県)9月6日~10日の間、国連大学グローバルセミナー第26回湘南セッションに参加しました。
今回のテーマは、”持続可能な地球社会をめざして”。日本人学生や留学生90名が参加し、レクチャーやディスカッションを通してテーマについて深く学び、他大学の学生との交流はタパさんにとって良い刺激となり親交も深まったようでした。

実施概要・パンフレットリンク

http://isp.unu.edu/jp/capacity/gs/2010/shonan/index.html

2010年度 横浜商科大学 国際交流センターTopics !

2010年度海外研修実施

夏季休暇中(8月11日~8月26日)に海外研修B(UPB)が行われました。この研修は語学研修と共に、アメリカでの生活体験に重点を置き、アメリカ文化を知るとともに、国際理解を深めるプログラムとして毎年実施しています。

UPBのWEBサイト

http://www.upb.pitt.edu/NewsReleases.aspx?menu_id=250&id=20341

2010年度海外研修実施

本学留学生が観光庁行政体験研修生に選出されました

観光庁は、「開かれた観光庁」を目指す取り組みの一環として、外国人留学生を受け入れ、観光行政体験研修をおこなうことにより、外国人の視点を観光行政に生かすとともに、キャリア形成の支援などもおこなっており、今回、選出された4名の研修生のうちバスネット・エソダさんは、「観光地づくりにおける組織体制整備・人材育成の国際比較」を研修テーマに掲げ調査・研究をおこなう予定です。

関連リンク(国土交通省・官公庁)

http://www.mlit.go.jp/kankocho/news01_000053.html

東元大学(韓国)短期研修生一行来日!

7月25日(日)~8月20日(金)の間、本学との学術交流協定校である、韓国東元大学学生24名が日本語研修のため来日しました。本学で歓迎会や両校学生の交流会を行ったほか、横浜周辺で日本文化体験を実施。送別会では、本学教職員と日本語で楽しく会話できるほどまで日本語が上達した様子が覗えました。

東元大学(韓国)短期研修生一行来日!

2009年度UPB留学生の帰国報告会実施

7月には1年間UPBに留学していた本学学生の帰国報告会が開催されました。渡航直後の英語授業の不安な様子や、それを乗り越え多くの友人をつくり、充実した生活を送る様子が印象に残りました。是非、在学中に学生の皆さんに留学(米国、中国)や、海外研修で現地体験をして欲しいと思います。

2009年度UPB留学生の帰国報告会実施

UPB短期研修団来日!

2008年の初来日以来、毎年続いているUPB短期研修一行が今年も5月連休明けUPB(米国)から5名の学生と引率教員が本学宿舎に2週間滞在し、それぞれ学生の研究テーマに沿った日本文化体験を行ないました。写真は富士山5合目付近です。学生らは富士山の雪解け水が滝になる、「まぼろしの滝」散策と、車中のどこからか姿を変え必ず見える富士山の美しさに魅了されたようです。

UPB短期研修団来日!
Pagetop