概 要ABOUT

平成28年度 本事業について

本事業について

「地域インバウンド対応のための観光ビジネスフロンティア人材育成」事業は、平成28年度文部科学省による「成長分野等における中核的専門人材養成等の戦略的推進」事業に対して横浜商科大学が提案し、受託・展開しています。


本事業は、平成25年度の「地域産業活性化のための着地型観光プレーヤー人材育成」事業を端緒とするものであり、 平成26年度の「地域産業活性化のためのインバウンド観光人材育成」事業、平成27年度「観光フロンティアとしてのインバウンド・マイス(*)ビジネス人材育成」事業を経て、これらから得られた成果を継承しています。

今年度は、これまで開発した教育プログラムに地域ニーズを反映させた上で、地域ならではの資源活用や、都市と地域交流を踏まえた、ルート・広域型インバウンドを推進出来る「地域版観光ビジネスフロンティア人材」の育成に向けた教材等を開発しました。

(*)マイス:国際会議(Meeting)、企業などの行う報奨・研修旅行:インセンティブ旅行(Incentive Travel)、国際機関・団体、学会などが行う国際会議(Convention)、展示会・見本市・イベント(Exhibition/Event)の頭文字を取ったMICEのことであり、多くの集客交流が見込まれるビジネスイベントなどの総称

本事業に対する社会的ニーズ

近年、日本において急激なインバウンド増加により、
都市だけでなく、地方もインバウンド観光や
マイスビジネスに対する関心が非常に高まっています。
これらの分野は今後の成長を期待されており、
その成長を担っていける人材の育成が社会的に強く求められています。
具体的には以下のとおりです。

地域インバウンド観光における社会的ニーズ
  • ・2020年東京オリンピック・パラリンピックを契機としたインバウンド観光客4000万人に向けて、都市のみならず地域において、インバウンド観光の拡大を見据えた地域資源や産業を生かした観光ビジネスに対応できる人材の育成が必要となっている。
地域マイスビジネスにおける社会的ニーズ
  • ・マイスには、ビジネス・イノベーションの機会の創造、地域への経済効果、国・都市の競争力向上などの効果がある。
  • ・都市と地域を結び、地域資源に新たな価値を付加し、地域のグローバル化に対応する人材が必要である。そこでマイスを中核とする成長戦略を描く動きで、 地域のマイスビジネスを支える人材の育成が急務となっている。

本事業の目的

地域におけるインバウンド観光分野の
フロンティアビジネス(新機軸の観光ビジネス)に関する知識と技能を有し、
新たな観光価値を創造し、地域の発展に寄与する人材を育成することを目的としています。

育成すべき人材像

地域版観光ビジネスフロンティア人材の育成

地域の観光ビジネスに関する先端的な知識やスキルを大学生として身につけ、もしくは社会人として学び直し、
    観光フロンティアで活躍できる人材
1.観光ビジネスに関する先端的な知識やスキルを大学生として身につけ、もしくは社会人として学び直し、地域の観光フロンティアで活躍できる人材
2.地域のインバウンド観光やマイスビジネス等、観光フロンティアを学ぶことで新たなビジネスを創造し、
    都市や地域の競争力を高めることに貢献できる人材
2.インバウンド観光やマイスビジネス等、観光フロンティアを学ぶことで、地域資源に新たな価値を付加し、新たなビジネスを創造できる人材

本事業への参加・協力機関

●教育機関
横浜商科大学(代表機関)
北海道教育大学函館校/長崎国際大学/札幌国際大学
ホスピタリティツーリズム専門学校/札幌商工会議所付属専門学校
●産業界
近畿日本ツーリスト株式会社/株式会社プリンスホテル
株式会社JTB総合研究所/北洋銀行/一般社団法人ニセコプロモーションボード
●公的機関
日本政府観光局(JNTO)/公益財団法人横浜観光コンベンション・ビューロー
公益財団法人札幌国際プラザ/全国高等学校観光教育研究協議会

〔順不同〕

pagetop