学部・学科案内

商学部 観光マネジメント学科

卒業生からのメッセージ

このコンテンツは貿易・観光学科のものになります。

学生時代の旅の経験が、今の仕事に生かされています。

個人のお客様へ旅行の提案を行っています。高校時代はホテルマンを目指していましたが、観光をキーワードに幅広い勉強ができる横浜商科大学を選択。長期休暇中に観光地を訪問する中で、旅の魅力を多くの方に伝える仕事に就きたいと目標をシフトし、今の会社を選びました。勉強も大切ですが、好きなことにチャレンジできるのも大学時代の魅力。学生時代の旅の経験が生かされていると実感している毎日です。

卒業生

働きやすい職場環境で、スキルを磨いていきたい。

現在勤務しているリゾートホテルの入社の決め手になったのは、働きやすさです。現在はレストランで朝食とディナーのサーブを担当しているため、朝に出社し、お昼に長めの休憩をとり、夕方に再出勤するという、一般的なサラリーマンとは異なる勤務時間ですが、休みはしっかり取れるので気持ちよく働けます。さらに資格取得や留学などのサポート制度も充実。今後はソムリエ資格試験などにチャレンジしていきたいです。

卒業生

夢を逆算すれば、夢をかなえるために何をすべきかが見える

建学の精神と、独立心あふれる友人たち。
大学で得た2つの宝物。

「安んじて事を託さるる人になれ」。この建学の精神こそ、私が母校から授かった最大の宝物です。私は現在、「HC TRUST」という自動車販売会社と、飲食店を経営しています。「TRUST」とは「信頼」。顧客はもとより仕事仲間、従業員との強い信頼関係が、仕事の質を高め、幅を広げ、経営を盛り立てる重要な力となることを、経営の実践から学んできました。「坂井なら安心だ。任せられる」。そうした声をいただくことが、私のビジネスの基盤なのです。横浜商科大学の精神は、そのまま起業家としての精神、企業経営を貫く理念となっています。

母校で得たもう一つの宝物は、友人です。実は自動車販売の会社も、飲食店も、主なメンバーはすべて大学時代の友人たちです。「将来は企業を立ち上げたい」「飲食店を経営したい」、さまざまに語り合った夢を夢のままにせず、実現するには今何をすべきかをさらに語り合う。そんな独立心あふれる仲間に出会い、恵まれた4年間でした。私が皆さんに伝えたいのは、「夢は、逆算すれば必ずかなう」ということ。ただ憧れるのではなく、逆算して今なすべきことを実行する。その積み重ねがあってこそ、起業家としての自分が今あるのだと思います。

卒業生

お客様の「おはよう」という笑顔が、気持ちを明るくしてくれる。

楽しい学生時代から社会へ。
苦労はあるけど喜びもある。

横浜商科大学に興味を持ったきっかけは、貿易・観光学科では何を勉強するのだろう?ということでした。他の大学にはなかったので、とても気になりました。貿易と観光というつながりで海外とのビジネスに関わるのだと思っていました。現在の私の信用金庫での仕事には直接関係はありませんが、部署が異動になれば大学で勉強した「貿易事務」など、いくつかの授業が役立つと思います。商科大学で学ぶ学問は、いろいろな方面の就職先で実践的に生かせる機会が多いことが大きなメリットですね。

大学時代は部活の思い出が多く、剣道部なのですが賑やかで楽しい時間を過ごしました。先輩と接するときの礼儀や態度などは今の仕事にも生きています。社会人になってからは、楽しいことばかりではありません。金融機関の業務は入社してから勉強することも多く、今は「コンプライアンス」「法務」「保険」などに挑戦しています。覚えることが多くつらかった時期もありましたが、知らない世界に飛び込むたびに、頑張って勉強してみようと思えるのですね。お客さまの笑顔やありがとうという言葉が、その先にありますから。

卒業生

私の夢は、日本のおもてなしの素晴らしさを海外に伝え、架け橋になること

お客さまが求めるものを察しようする「心遣い」。
それがおもてなしの本質

小さい頃からホテルに憧れていて、いずれは働きたいと思っていました。横浜商科大学を選んだのは、世界一と言われる日本のホスピタリティについて、なぜそうなのかを知りたかったから。入学してからは日本のさまざまな観光地を巡り、都内のホテル見学も盛んに行いました。そこで気づいたのは、日本独自の「おもてなし」という文化。海外ではお客さまの要求に応えることがサービスと考えられていますが、日本では常にお客さまへ意識を働かせ、お客さまが言葉に発する前に何を求めているかを察する「心遣い」がサービスの基本なのです。

この発見は、私にとって大きな衝撃でした。こうした日本の魅力をぜひ海外の人たちに知ってほしい。大学では、観光学を学ぶ日本と海外の学生の交流イベントが定期的に行われますが、参加するたびにその思いは強くなっていきました。私は今、羽田空港第一ターミナルにある商業施設の管理・運営を行う業務に携わっています。空港は、海外から来たお客様にとって最初の思い出となり、最後の思い出となる場所。そんな空港で、日本のおもてなしの魅力をより多くの方々に伝え、日本と海外の懸け橋になることが、私の大きな夢です。

卒業生

一日でも早く成長し、大学で学んだ「攻めの観光}

地域への集客、そして活性化という視点で、
ホテル経営を考える

「攻めの観光」。それが大学での学びを通じて追究してきたテーマでした。ゼミでは、地域の観光ビジネスについて研究を進めていました。地元の祭りを題材にして、そこへいかに人を呼び込むか。地域に人を集め、商業の活性化を図るにはどのような戦略が求められるか。地域経営という大きな視野で観光、宿泊ビジネスを捉え、そこに仕掛けてビジネスを生み出すという学びは非常に刺激的で、人との出会いや多くの発見をもたらしてくれました。また、ホテルマンという自分自身のキャリアを形成する上でとても重要なベースになっていると思います。

現在はベルボーイという仕事に携わっています。ベルボーイは、ホテルマンとして成長する第一歩です。ホテルロビーでお客様をお迎えし、客室までのご案内、ご説明を行うことはもちろん、近隣施設のご案内や宅急便、新聞の手配など、快適に滞在いただくためのコンシェルジュサービスも担っています。今はまだホテルの業務を覚えることで精いっぱいですが、いずれは営業の分野でキャリアアップしたい。そして「攻めの観光」を仕掛け、ホテルだけでなく地域全体を活性化できるような人材になりたいと考えています。

卒業生

4年間を通じて何かに打ち込むことが、将来の財産になります。

大学時代の思い出のひとつは、観光開発に関するゼミ活動です。

私はもともと旅行好きで、将来は添乗員になって日本全国を旅することが夢でした。貿易・観光学科はそんな自分にとって実に興味深く、早くからここで学びたいと考えていました。 入学してまず感じたのは、コンパクトな大学ならではの授業の魅力。観光のエキスパートである教授陣と身近に接しながら、観光地理学や観光事業論などさまざまな視点から学べるので、日々視野が広がる思いでした。中でも興味を引いたのは、旅行を企画し販売するという授業。「何も添乗員になることだけが観光じゃない」。そう思えるようになった私は、旅行業務取扱管理者の資格を取得し、旅行プランナーとして成長することに目覚めたのです。

横浜商科大学は資格取得だけでなく、学びたいという学生を教職員全員で応援してくれるような大学です。ゼミナールは、フィールドワークを中心に研究する教授に学び、大手旅行代理店へのインターンシップにも参加。とにかく自分の将来に役立つと感じたものはすべてチャレンジしました。JR東日本はお客さまからの厚い信頼によって、「人々の期待」と「使命感」で満ち溢れている会社であると思います。人々の生活を支え、新しいスタンダードを作り出すべく挑んでいる姿「きのうのすごいを、あしたのふつうに」にとても魅力を感じました。そして、私もその中の一員になりたいと思い入社を決めました。今後は大きな旅行プランだけでなく、お客様一人ひとりと接しながら「いい旅だった」と喜んでいただけるサポートを行いたいです。

卒業生

4年間を通じて何かに打ち込むことが、将来の財産になります。

大学時代の思い出のひとつは、観光開発に関するゼミ活動です。

実際の観光地を取り上げ、その土地がどのような歴史や観光資源から成り立っているかなどを調べてレポートにまとめていました。

またゼミはもちろん部活や日常でも大学時代はいろいろな人との交流が生まれます。単なる友人ということではなく学校やゼミの代表としてお互いの理解を深めつきあうことが必要です。これは今思い返すとコミュニケーション能力を伸ばすことに大変役立ちましたし、現在の仕事にも活きていると思います。

4年間という大学時代は長いようで短いです。時間を無駄にすることなく、ぜひ何かに打ち込むべきだと思います。必ず自分の大きな財産になるはずです。

卒業生
Pagetop