学部・学科案内

経営情報学科

卒業後の進路

経営情報学科を卒業した場合に想定される職業や進路

コンピュータの発展で、より高度に発達した現代の情報化社会。企業経営・運営にも、コンピュータを活用できる知識・スキルを身につけることが不可欠となりました。経営情報学科では、こうした時代のニーズに応えて、会計・経営・情報に関する理論と技術をバランス良く身につけながら、経営と情報処理の両方の分野に強い人材を育成します。

卒業後の進路
経営管理者 人、モノ、金、情報など、会社をあらゆる面から点検し、効率良く運営する。
中小企業診断士 中小企業の財務状況を分析し、経営者に適切なアドバイスをする。
経営コンサルタント 会社の経営を客観的に分析し、経営者に適切なアドバイスをする。
公認会計士 企業や個人の税務を代行し、税務に関して適切なアドバイスをする専門職。
税理士 企業の貿易部門などで、専門知識を生かして貿易に関する実務に携わる。
ベンチャー(起業家) 最新の技術や独自の発想で新しいビジネスを創造し、会社を起こす。
自営業 家業を継いだり、起業したりというように、自ら経営者となる。
情報処理技術者 企業の情報部門で情報システムを開発・運営するスペシャリスト。
公務員 国や地域の発展、地域住民の福祉の向上などを考え、実行する。
高校教諭(商業・情報) 高校教諭(商業・情報)に関する専門知識を身につけ、高等学校で後進の指導にあたる。
大学院 商学に関してさらに高度な専門知識を身につけるため、大学院へ進学。

商学科 ゼミナール一覧

Pagetop