産学連携

研究・産官学連携

研究

研究成果

■横浜商科大学では、研究成果として「横浜商大論集」「横浜商科大学紀要」を発行し、無料で公開しています。

■本学の教員の研究成果を書籍として出版する際の助成を行っています。

【近年の助成】

平成25年度
可児滋教授「レオ・メラメド:金融先物市場の創設と発展」(日本評論社刊)

平成24年度
権上康男教授「通貨統合の歴史的起源:資本主義世界の大転換とヨーロッパの選択」(日本経済評論社刊)

産官学連携

横浜商科大学では、様々な産官学連携事業を行っています。

社会人招聘講座

横浜商科大学の講義に、経験豊富な社会人を講師として招聘し、講義をしていただいています(不定期)。

横浜中華街との連携

横浜中華街と連携して、講義「中華街まちなかキャンパス~横浜中華街~」を行っています。中華街で生れ育った華僑の方々など、中華街の歴史・文化に精通した方々を講師としてお招きし、中華街の過去・現在・未来を学びます。実際に中華料理の食事会を開いて食文化を学んだり、中華舞踊を習うなど体感する講義課程が特色です。この講義は一般の方にもご参加いただけます。

関帝廟
関帝廟

野毛商店街との連携

野毛商店街と連携し、講義「横浜・野毛の商いと文化」を行っています。野毛商店街は約500点の商店や飲食店が集まる横浜の巨大商業地区。その店舗の経営者の方々による「商店街」という組織の運営と活性化、新規に開店した経営者の成功の秘密、知られざる苦労話など貴重なお話を伺う講義です。この講義は一般の方にもご参加いただけます。

野毛「横浜にぎわい座」バックステージツアー
野毛「横浜にぎわい座」バックステージツアー

大口商店街との連携

大口商店街と連携し、本学学生による商店街のwebサイトの構築や、イベントの手伝いを行うなどの活動を行っています。

群馬県沼田市との連携

群馬県北部の中核都市である沼田市(星野已喜雄市長)と、本学は、「観光分野で幅広く連携を図り、沼田市の観光振興に寄与し、活力と賑わいのある沼田市の実現を目指すとともに、大学における観光教育・研究の更なる発展に資することを目的」として持続的な取組を行うために、星野巳喜雄市長と柴田悟一横浜商科大学学長との間で「観光分野での包括的な連携協定」を締結しました(平成25年度~)

詳しくはこちら(http://www.shodai.ac.jp/news/detail/122

近畿日本ツーリスト株式会社との連携

近畿日本ツーリスト株式会社と、本学は、観光振興における相互の連携協力に関する基本的事項について協定を締結しました(平成26年度~)。今後は、産学連携での観光分野における人材育成プログラムとして、本学学生による神奈川県横浜市等の着型商品(ニューツーリズム)開発及びその商品の販売などを行っていきます。

詳しくはこちら(http://www.shodai.ac.jp/news/detail/225

Pagetop