地域産業研究所

PROFILE

地域産業研究所
地域産業研究所
横浜商科大学の地域産業研究所です。

LINK

去る6月29日(金)、財団法人流通経済研究所専務理事加藤弘貴氏を講師に迎え、地域産業研究所客員研究員勉強会を開催しました(於 新日本スーパーマーケット協会本部会議室)。テーマは『日本型小売サプライチェーンの問題点と方向性について』でした。

ご出席いただいた皆様、新日本スーパーマーケット協会関係者の皆様ありがとうございました。

 

CIMG0133-1.JPG

本学小林二三夫教授(地域産業研究所長)が2011年1月より提携校であるアメリカ・ピッツバーグ大学ブラッドフォード校に赴任した際(現在は期間が満了し帰任しています)、同大ドナルド・ユーリン教授より、同教授の父、リチャード・ユーリン元マサチューセッツ大学教授が太平洋戦争従軍時にインドネシアで取得した日章旗を持ち主に返還することについて相談を受けていました。

小林二三夫教授が帰国後、日章旗の持ち主を探し、山梨県身延町の故伊藤亮造氏(1969年、71歳で死去)のものであることが判明しました。

 

そして去る6月17日、横浜商科大学に赴任しているドナルド・ユーリン教授及び本学伊藤 穣商学部長・小林二三夫教授らが身延町のご遺族の元を訪れ、日章旗を返還しました。

この様子は6月22日付読売新聞山梨版に掲載されました。

 

去る6月21日(木)、株式会社商業界取締役・「食品商業」編集長 三浦美浩氏を講師に迎え、地域産業研究所客員研究員勉強会を開催しました(於 新日本スーパーマーケット協会会議室)。

テーマは『「大再編&淘汰時代」のSMチェーンの実際 -変化しつつある競争、見えない敵の中で是正され始めたオーバーカンパニー!-』でした。 

ご出席いただいた皆様、新日本スーパーマーケット協会関係者の皆様ありがとうございました。

 

CIMG0121-2.JPG

本学小林二三夫教授(地域産業研究所長)が、6月23日(土)に日本テレビ系列で放送された『世界で一番受けたい授業』に出演しました。

授業は社会で、テーマは『身の回りのアレはどこから来てるの?モノの出身地MAP~日本の墓石の8割は中国産!?~』でした。

日本テレビ『世界で一番受けたい授業』ホームページの中で、『授業復習』をクリックするとその時の授業の概要が紹介されています。

どうぞご覧ください。

Page top