地域産業研究所

PROFILE

地域産業研究所
地域産業研究所
横浜商科大学地域産業研究所の情報を発信します。

LINK

つるみ未来塾学習支援アシスタント募集説明会を開催しました。

つるみ未来塾とは、主に中学生を対象とした学習支援事業で、商大からも毎年アシスタントを派遣しています。
説明会では、鶴見区役所や、事業者であるYMCAのスタッフからの説明のほか、実際にアシスタントとして活動している学生にも体験談等を話してもらいました。

★CIMG3726.JPG★CIMG3732.JPG教職を目指している方、人にモノを教えることが好きな方、他大学の学生と交流してみたい方などなど、興味のある方は皆さん応募してみてください♪
見学希望の方、説明会には行けなかったけど興味あるな・・・という方も大歓迎ですので、図書館奥の学術・地域連携課までお訪ねください。


本学と株式会社横浜フリエスポーツクラブ(横浜FC)は、「スポーツ関連産業人材育成における連携に関する協定」を結び、今後、様々な事業で連携していくこととなりました。

本学経営情報学科の伊藤ゼミにおいては、横浜FCの「HAMABLUE PROJECT」をテーマとして取り上げ、1年間ゼミ生が取り組むこととなりますが、先日、さっそく横浜FCのご担当者による講義が行われました。

★CIMG3566.JPG★CIMG3567.JPG★CIMG3578.JPG講義のなかでは「サッカービジネスに関わる数字を考える」、「ホームタウン(横浜市)について考える」等のグループワークを挟みながら、Jリーグ全体のなかの横浜FCの立ち位置、人気チームの営業収益についてなどのレクチャーを受けました。

★CIMG3594.JPG★CIMG3598.JPG今後、ホームゲーム時のブースの企画等も予定しています。
ゼミ生の皆さん、引き続き、がんばってください!!

尚、協定締結式は来週4/23(月)15時から、本学3号館にて実施致します。
http://www.shodai.ac.jp/news/detail/432


2018年度がスタートしました!

先日行われた「横浜新生活オリエンテーション」では、一昨年・昨年に引き続き、本学と包括連携協定を結んでいる鶴見区の職員の方々にお越しいただき、横浜市のごみの分別について、ご説明いただきました。

★CIMG3501.JPG★CIMG3512.JPG困ったときの便利なアプリの紹介もありました。
皆さん是非参考にしてください!

★CIMG3498.JPG

★横浜市ごみ分別辞典「MIctionary」
http://cgi.city.yokohama.lg.jp/shigen/bunbetsu/

第15回神奈川産学チャレンジプログラムのエントリーがスタートしました!
皆さん是非ご応募ください。

神奈川産学チャレンジプログラムとは、県内の大学と一般社団法人神奈川経済同友会の会員企業・団体が協同し、産学連携による学生の人材育成を目的とした課題解決型研究コンペです。
学生の皆さんには、企業の提示したテーマに対して、課題解決案のレポートを作成(企業によってはプレゼンを実施)していただきます。優秀チームは、賞金授与の他、12月にパシフィコ横浜にて開催される表彰式へ招待されます。

昨年は、本学経営情報学科細江・遠山ゼミからの参加チームが、見事最優秀賞を受賞し、代表チームとして表彰式でプレゼンを行いました!
企業の担当者の方や他大学の学生チームと交流したい方、企画力やプレゼン能力を伸ばしたい方などなど、是非チャレンジしてみてください。

★エントリーを希望される方は、添付資料を確認のうえ、以下の通りご連絡ください。

 【エントリー方法】
 タイトル「第15回神奈川産学チャレンジプログラム参加希望」とし、
 以下の①、②の書類(添付)に必要事項明記のうえ、
 メール添付にてご提出ください。

 【提出物】
 ①テーマ希望表(1次)
 ②参加申込書(参加学生用)

 【締 切】
 4/27(金)15:00
※厳守

 【メール宛先】
 renkei-g@shodai.ac.jp (地域連携・研究支援課 横山)

★参考:地域産業研究所ブログ(2017.12.22)

★CIMG2743.png商大初の快挙!「神奈川産学チャレンジプログラム」最優秀賞受賞&代表チームプレゼンを行いました!
http://www.shodai.ac.jp/blog/regional/2017/12/post-109.html


①テーマ希望表(1次).doc


3月12日(月)、横浜市鶴見区役所にて、平成29年度横浜商科大学と鶴見区との包括連携協定協議会を開催しました。

★CIMG3410.png
本学と鶴見区は、2015年3月より包括連携協定を締結し、様々な連携事業を行って来ました。
当日は、征矢鶴見区長、本学小林学長をはじめ、各連携事業担当者が一同に会し、今年度の事業報告と次年度のの事業展開について協議されました。

★CIMG3405.png
★CIMG3430.JPG
次年度も引き続き、「鶴見まちづくり政策コンペ」やwebサイト・SNS「横浜つるみのまち散歩」での情報発信、また、新規事業として「鶴見観光コンシェルジュ養成講座」や「高齢社会とマーケティング(老年学)」の開講等が予定されています。

連携事業の詳細は、随時本ブログ内でも公開致します。


Page top