保健室

PROFILE

保健室
保健室
横浜商科大学の保健室です。

LINK

「性の健康医学財団」が子宮頸がん早期発見のための

ヒト・パピローマウイルス(HPV)自己採取検査を受ける方を募集しています。

 

子宮頸がんは20歳代から30歳代にかけて飛躍的に増える若い人に多いがんです。

その原因がヒト・パピローマウイルスの感染であることが分かっています。

対策としてワクチン接種が有効ですが、現在日本では推奨されていない状況です。

ワクチンで予防ができなければ、

がんを自覚症状のない、早い段階で見つけ、早く治療を始める

早期発見早期治療が必要になります。

早期発見のためには、定期的にがん検診を受ける必要がありますが、

子宮頚がん検診の受検率は「婦人科を受診する」ことが敬遠されているのか、

日本人女性で201542.1と低調です。

 

今回ご案内する自己採取検査は受診せずご自身で、

子宮頸がんの原因となるヒト・パピローマウイルス(HPV)の感染の有無と

感染している場合のウイルスの型を無料で知ることができます。

通常5000円位の検査費用がかかります。

対象は18歳~80歳未満での日本語を理解できる女性です。

検査をご希望の方は、各自で「性の健康医学財団」に申し込みをしてください。

自宅に検査キットが送られてきます。

ご住所は詳細に間違いなくお知らせください。

ご家族様 複数で希望される場合もおひとりおひとりの申込みとなります。

先着500名ですので、ご希望の方は早めにお申し込みください。

 

子宮頸がん、HPV自己採取検査、その他わからないことは、

保健室 山本までお問い合わせください。

保健室 山本は 性の健康医学財団より 

性の健康カウンセラー の認定をいただいております。

公益財団法人 性の健康医学財団は健康相談を行っておりますので、

そちらに直接ご相談、お問いいただくこともできます。

 

性の健康医学財団

https://www.jfshm.org/

申込み・問い合わせ

https://www.jfshm.org/contact/

HIVとエイズ

2017年11月07日 13:42

HIV?エイズとは?

ご自分と関係ないと思う人は少なくないと思います

だから、知らなくても構わないと考える人も多いかと思いますので

あえて、お話します


HIVは、Human Immunodeficiency Virus(ヒト免疫不全ウイルス)

エイズをもたらすウイルスです

HIVはさまざまな細菌・カビ・ウイルスなどから

体を守る免疫細胞(CD4陽性リンパ球等)に感染して

徐々に壊していくウイルスです

症状が全くでない期間があり、

気づかないうちに人にうつしてしまう可能性があります


エイズの正式名称はAcquired Immune Deficiency Syndrome(後天性免疫不全症候群)

このかしら文字を取って一般的にAIDS(エイズ)と呼ばれています

HIV感染から徐々に病気とたたかう抵抗力(免疫)が落ちることで発症する疾患のうち

代表的な23の指標となる疾患が決められていて

これらを発症した状態をエイズといいます


HIVの感染ルート

    セックス 感染原因のほとんどを占めます

    HIVが混入した注射器の誤った使用 

薬物常習者にみられる注射器の回し打ちや

ずさんな針の管理のタトゥー施術での感染の報告があります

    HIV感染している母親から胎児・新生児への母子感染 

妊娠時に感染わかっていれば治療等で感染は予防できます

    HIVが混入した血液の輸血や血液製剤の使用 

現在では輸血や血液製剤のための血液は検査をされたものですが

その検査が不十分で「薬害エイズ」の被害者となった人がいます

現在でも

HIV感染から6週間以内ではウイルス量が少なく

検査をすり抜けてしまう可能性があります

HIV感染が心配な時は保健所で検査しましょう

匿名、無料で検査できます。

献血を検査目的に使用しないでください、絶対に。

エイズを知ろう!

2017年11月01日 13:41

1116日から1215日はエイズへの理解を深める1ヶ月です

そして121日は世界エイズデー今年のテーマは 

UPDATE! エイズのイメージを変えよう」です


HIV/エイズの現状をご存じでしょうか?

エイズはHIVウイルスに感染することからはじまりますが

HIVに感染してもエイズ発症前に治療すれば

発症を抑えられるようになり

感染していない人と変わらない生活が期待できるようになっています

HIV感染を早期に発見し治療を始めることがとても大切です


エイズの理解を深める1ヶ月(1116日から1215)には

各地でイベントが計画されています

イベントにも参加してエイズのイメージをUPDATEしてください

神奈川県のイベント「秋のかながわレッドリボン月間」については

学内掲示しています。

5号館2階保健室前にはエイズに関するポスターを掲示しています

ぜひご覧ください

健康チェックの秋?!

2017年10月02日 13:05

食欲の秋・スポーツの秋・読書の秋・芸術の秋・・・・

おいしく食べられる

身体を動かすことが苦にならない体力・気力がある

読書する集中力がある

芸術を楽しむゆとりがある・・・

こじつければ健康チェクになっています。

さて、みなさんはいかがでしょうか?


学生の皆さんは4月の健康診断から6ケ月

次の健康診断まで6か月のちょうど中間点です

後期が始まりましたので、授業に合わせた生活に戻っていますか?

夏の疲れがでないように、睡眠を十分に取りましょう

日中眠気がなく

毎朝同じ時間に起きられると睡眠は足りていると考えられますが

様々な病気の予防の観点から7時間位の睡眠時間は確保したいものです

食事は、活動のエネルギー源です

最近はエネルギーの過剰摂取で太りすぎ

生活習慣病になることが問題なっていますが

栄養の偏りや不足も問題です

112食では十分に栄養は偏り勝ちですから

13

血や肉の基になるたんぱく質のおかずをとることを意識して食べてください

生活の仕方は

体重や体調

皮膚の状態

集中力に出てきます

たとえば

ゲームする時間が長くなって、目が疲れる

ラーメンを食べることが増えて体重が増えてきた

逆に、体調の変化が生活仕方を変えていることもあります

膝が痛いから階段を使わず、エスカレーターを利用する

体が冷えやすいので、上着を持ち歩くようになった


生活の仕方・体調の変化に気がついたら意識して生活をかえる

体調を確認するため病院受診するなどしてみてください

もちろんまず

保健室に来て、気がついたことをお話し下さって結構です

 

生活をかえる一つをご紹介

歩数計を付けて生活してみませんか?

毎日の歩数を意識することで、活動の仕方が変わります

横浜商科大学は、よこはまウォーキングポイントに事業所として登録しました

横浜市にお住まいがなくても

横浜商科大学の学生・教職員であれば参加でき、無料で歩数計がもらえます

1024日火曜日に学内で登録会を行います

ぜひこの機会に登録して

歩数を増や生活をしてみましょう

もし、人が目の前で倒れたら・・・救命処置を行いましょう。

心配蘇生法 http://www.med.or.jp/99/ 資料と「心配蘇生法 動画」で検索し手順を確認してください。

 

    安全の確保 周囲の安全を確認します。

    反応の確認 次に、倒れている人の耳元で肩をたたきながら大丈夫ですかと問いかける。返事や反応がない場合は119番通報とAEDの手配をします。

    119通報とAED手配 誰か・・・ではなく、あなたは・・・とそれぞれ役割をきちんと指示しましょう。誰もいないときは自ら119番通報をします。119番をすると処置の指示をしてくれます。救急隊が通報から現場到着までに平均8.6分かかります。この間にできるだけの処置を行います。

    呼吸の確認 呼吸の見方は10秒くらいで胸と腹部の動きをみて、普段通りの呼吸かどうかをみます。普段通りでなければすぐに胸骨圧迫(心臓マッサージ)を始めます

    胸骨圧迫 胸の真ん中を、強く(両腕を伸ばして、胸が5㎝沈む位に) 速く胸がもとの高さに戻ったら1分間に100120回のテンポで)絶え間なく(交代しながらでも、中断は最少限に)

⑥できれば人工呼吸を 人工呼吸はできるだけ感染予防具を使ってください。胸骨圧迫30回に2回の割合で。倒れている人の額を抑え、顎をあげ、鼻をつまんで、1回秒のかけて息を吹き込みます。

AED・救急車が来るまで胸骨圧迫と人工呼吸を繰り返します。

 

AEDの使用 AEDは開ければ作動するものとスイッチを入れて作動させるものがあります。作動したら音声ガイドに従います。パッドを装着すれば、電気ショックが必要かそうでないかはAEDが判定します。電気ショックが必要な場合、ガイドに従ってショックボタンを押してください。

電気ショック後、AEDはガイドを続けるので装着したまま、すぐに心配蘇生(胸骨圧迫と人工呼吸)を再開、救急隊の到着まで繰り返します。

 

現在、AEDは横浜商科大学学内「1号館1階・学生総合センター前」「2号館1階学生ホール」「7号館3階体育館前」3カ所に設置しています。緊急時は迷わず使用してください。

Page top