保健室

PROFILE

保健室
保健室
横浜商科大学の保健室です。

LINK

今季のインフルエンザは感染力が強いようで、予防接種をしていても感染しているようです。

急な38度を超える発熱(予防接種を受けた人は37度くらいのこともあります)関節の痛み、倦怠感が強い時は受診してインフルエンザの検査を受けてください。
インフルエンザの診断を受けたら、医師の許可が出るまで自宅療養してください。インフルエンザと診断されてから5日かつ解熱ご2日は感染力があるので、たとえ体調が回復していても外出は控えてください。急ぎの用事あるときは電話で連絡、インフルエンザと診断させれたことを伝えてください。
大学への用事がある場合も電話で連絡してください欠席届や診断書の提出は、登校を再開してからで結構です。
自宅療養中は、部屋を暖かく、マスクを着用し湿度を保ち、ほかの人への感染を予防しましょう。
食欲がないときでも、スポーツドリンクなどで水分はとってください。






例年、年明けからのインフルエンザの流行が年末から始まっています。

38度を超える高い熱、全身倦怠感、関節痛、頭痛が症状としてあります。ほかに咳・鼻水や下痢・吐き気などの症状が出ることもあります。


この時期、このような症状があると、インフルエンザだ!と判断してしまいがちですが、医療機関できちんと検査されることをお勧めします。


インフルエンザの診断を受けるメリットは

1.       インフルエンザウイルスに効く薬の処方を受けられる。早く熱が下がり、体は楽になります。この薬は発症から2日以内に使用することで効果を発揮しますので早めの受診が必要です。


2.       今後の体調管理に役立つ。インフルエンザにはAB型があり今季A型に罹るとA型の抗体ができA型にはかかりませんが、B型に罹る可能性はあります。インフルエンザかもという自己判断ではAB型の両方に備える必要があります。

インフルエンザのウイルスは少しずつ変化をしているので、予防接種は毎年受けることが必要です。予防接種をしていると感染することはあっても、症状は軽いと言われています。


3.       周囲の人への感染予防ができる。発症から5日、解熱から2日は感染力がありますから外出を控え、マスクを着用することで周囲への感染を食い止めることができます。

インフルエンザは学校感染症で発症後5日かつ解熱後2日を経過するまで出席停止になります。インフルエンザと診断されたら、保健室に連絡し、医療機関で証明を受けてください。


 

インフルエンザの予防は手洗い・マスクと言われています。その前に、体力を維持するため、普段から睡眠をとること、栄養をとること、運動することも心がけましょう。

 在学生に4月の定期健康診断のお知らせを郵送します。住所を変更された場合など届かないことがあります。3月27日を過ぎても届かない場合は、保健室にお問い合わせください。

 新入生・編入生には4月1日にほかの配布物と一緒にお渡しします。

定期健康診断について

2014年03月06日 12:19

 定期健康診断は学校保健安全法に基づき年一回、4月初旬に学内で行います。

学年・学科・男女別の指定された日時に健康診断を受けて下さい。

指定された日時に受けられない場合は保健室に連絡してください。

 

定期健康診断の必要性について

 

定期健康診断の目的は、病気の早期発見(スクリーニング)と、健康の維持増進の確認にあります。定期健康診断で何らかの異常が見つかった場合は、医療機関での再検査や精密検査を勧奨と生活習慣改善のアドバイスをします。

大学生は、他の年代に比べて病気に罹る率も低く、一般に極めて健康な時期といわれ、健康に対する関心は低いようです。しかし、生活リズムや食生活の乱れ、さらに生活環境の著しい変化の影響の中で、なんとなく不調、元気とは言えない人が多いという現実もあります。

日本人の死因の上位にあるがん・心疾患は生活習慣病(成人病)でありそれは若いころからの生活習慣によるものです。この時期に、より良い生活習慣を身に着けることで将来の疾病を予防することができます。

自分の体のことを、薬まかせ、医者まかせ、親まかせ、他人まかせにせず、自らの健康作りに定期健康診断を積極的に活用して下さい。

 

指定期間の定期健康診断を受診できなった場合

 

やむを得ず本学で受けられない場合は指定の医療機関で受けることができます。保健室に申し出てください。ただし、授業の空き時間に医療機関に行くことになります。その前後(予約調整・結果提出)に保健室に来ること、健診費用は自己負担になりますから、時間も経費もかかると承知していてください。

 

定期健康診断を受診しなかった場合

 

結核・腎臓病・高血圧・糖尿病など、自覚症状のない慢性疾患の発見が遅れて、学生生活に支障を来したし、卒業後の生活にも影響する可能性があります。

健康診断を受けていない学生は、スポーツ実習の履修ができません。

卒業年次生は、就職試験に必要な健康診断書が発行できません。

 

定期健康診断は必ず受けてください。

 

定期健康診断の日程はあらためてお知らせします。

タバコを手にされる方、タバコのパッケージ読んでみましたか?

いろいろなパターンがあるようです。

別のパターンを見てみましょう。喫煙をお菓子を食べると読み替えてみます。

人により程度は違いますが、お菓子に含まれる成分によりお菓子が手離せなくなります。(このお菓子を食べた人はなによりもこのお菓子を食べることを大事にします。おこずかいが少なくてもお菓子代は確保しておきます。お菓子が食べられないと落ち着かなくなったり、イライラしたりします。このお菓子を食べると病気になるよと言われてもやめられなくなります。)

10台の若者がこのお菓子を食べると、大人以上に病気になりなりやすさやお菓子を手放しにくさがより強められます。周りの人から勧められても決して食べてはいけません。

赤ちゃんがおなかにいる女性がこのお菓子を食べるとは、赤ちゃんが2500グラム未満と小さかったり、生きる力を十分に持てないで早く生まれてくる原因の一つになります。

このお菓子の匂いはあなたの周りの人、赤ちゃん、子供たち、おじいちゃんおばあちゃんを病気にします。お菓子を食べるときには、周りの人の迷惑にならないよう注意しましょう。

手放せなくなる・・・つまり喫煙への依存を生じさせるのはニコチンです。

ほとんどのタバコを吸っている人はニコチン依存になることを知らずに吸い始めた人たちです。

現在、喫煙はニコチン依存症という病気と言われ、病院で治療ができるようになりました。周りに喫煙される方がいましたら、治せる病気になったことをお知らせください。

Page top