相談室

PROFILE

相談室
保健室
横浜商科大学の保健室です。

LINK

健康診断から半年・・・・体重をコントロールしようかと考えていた人 コントロールできていますか?

体重は、摂取するエネルギーと消費するエネルギーで変化します。食べたり飲んだりすることと運動や生活の中で体を動かし方で決まってきます。

半年後の健康診断に向かって、体重のコントロールをしませんか?

最近はBMIとうい体格指数で18.5~25が適正体重といわれています。日本人にとって健康体重といわれるBMI22はイチローや石川遼、女性では宮里藍のような体格です。

BMI25以上は肥満とされています。このくらいの体格は肥満というイメージでもない田中将大くらいです。が、肥満は脂肪が多いことが問題です。筋肉量の多いプロ野球選手の場合肥満とはいえません。

健康上の問題は脂肪の量です。ですから、BMIが25以下でも脂肪の割り合いの高い人を隠れ肥満と呼びます。

毎日体重を量って、自分の理想とする健康的な体重であるか、それに近づいているかをみていきましょう。

体重は一日のうちでも変化します。起床時や就寝前など一定の時間に体重測定することをお勧めします。それもできるだけ正確な値が分かるようにデジタル体重計での測定をお勧めします。

体重の変化は、摂取カロリーと消費カロリーによって決まります。食べたもの・飲んだもの生活の仕方を記録するとコントロールに役立ちます。これがレコーディングダイエットです。もっと簡単なはかるだけダイエットというのもあります。インターネット検索してみてください。無料のアプリもあります。そのバランスを変えて理想の体重を目指しましょう。

急激なダイエットは禁物です。月1-2㌔くらいの減量が体調に影響のない目安です。体重の多い人は4㌔くらいでもよいといわれています。体重コントロールがストレスになるような方法ではリバウンドもしやすくなります。

体重コントロールの分からないことがありましたら、保健室にお尋ねください。

CALENDAR

SEARCH

CATEGORY

ARCHIVE

Page top