保健室

PROFILE

保健室
保健室
横浜商科大学の保健室です。

LINK

花粉症の対策

2018年01月20日 08:22

花粉症などのアレルギー疾患の対策は

原因物質から離れる、

触れない環境を作ることが重要です。

 

花粉症の対策は・・・

花粉が飛散する晴れの日・強風の日の外出は最小限にする。

花粉が付着しやすいウールなどの素材の衣類は避ける。

花粉飛散時期の外出は、帽子・マスク・花粉対策メガネを着用する。

帰宅時は玄関に入るまえに、衣服に付いた花粉をふり落とす。

手洗い・うがいで花粉を洗い流す。

運動は早朝の花粉の少ない時間にするか、屋内で行う

洗濯物は部屋干しにするか、外干しの物は花粉を振り落して取り込む

室内をこまめに掃除する・・・などが効果的

 

花粉症対策グッズもいろいろありますので、

うまく活用してください。

 

花粉症の時期、生活習慣にも注意してください。

○睡眠を十分にとって、疲れをためない。

○ストレスをためない

ストレスは免疫のバランスを崩すと言われています。

○飲酒は控えめに

飲酒でストレス解消!と考える方もいると思いますが

飲酒は血管を拡張するため、鼻づまりや眼の充血の症状が悪化します。

○タバコから離れる

タバコの煙は鼻の粘膜を刺激して症状を悪化させます。

 

最後に、口腔アレルギーについて

野菜や果物を食べると、口の中に刺激がある、かゆい、喉が詰まるという口腔アレルギーは花粉症の原因植物と野菜・果物の種類の関係が分かっています。

花粉症以外にも、気管支喘息の既往のある人や薬物アレルギーの人に起こることもあります。

症状のある方は医療機関で検査して確認しておきましょう。

花粉症について

2018年01月14日 12:03

花粉症の方は、今年の花粉飛散予報が気になると思います。

今年のスギ花粉は昨年比160%とか

今まで花粉症でなかった方も

今年から花粉症になることも考えられます。

花粉症はアレルギー疾患で、植物の花粉を体内に入った異物と認め、

それを排除するための過剰な反応です。

くしゃみ、鼻水、鼻づまりなどの症状は風邪に似ていますが、

外出や特定の状況で症状があったり、くしゃみが立て続けにでたりする場合は、

アレルギー疾患、花粉症の可能性があります。

 

「多分、花粉症。」と症状を放置したり、

症状のある時だけ市販薬で対処される方もいますが、

医療機関を受診して、診断を受けることをお勧めます。

アレルギーの検査は、主に血液検査で、

耳鼻科・眼科・内科・皮膚科で受けられますので

症状によって受診する科を選んでください。

花粉症の方は、野菜や果物の種類によって食べた時に刺激感やかゆみ、

喉の詰まる感じがあることがあります。

自覚のある方は、医師にお伝えください。

 

花粉症かどうか、原因植物は何か、

他にアレルギーとなる原因物質がないかなどが診断できると、

花粉症であれば気を付けたい時期や場所などが分かり、

対応策が取れるようになります。

 

すでに花粉症と診断されている方は

症状と生活の仕方などを医師と相談してください。

花粉症の薬は飲み始めてから効果が出るのに2週間位かかるため

早めに受診しましょう。

また、最近では眠くならない薬剤、

水なしで飲める薬剤も開発されています。

お願いします 咳エチケット

2017年11月27日 12:19

感染症の人の咳やくしゃみからウイルスを含んだしぶきが飛び散り

それを周囲の人が鼻や口から吸いこむことで 感染します


咳・くしゃみが出るときはマスクを着用してください


咳エチケット用のマスクは

不織布(ふしょくふ)性マスクが推奨されています

正しいマスクの着用方法として 説明書もあると思いますが

マスクに針金のある物は 針金を鼻の形に合わせ

鼻から顎までをしっかり覆います

顔とマスク隙間を作らないようにしてください

 

マスクがない場合に くしゃみや咳が出るときは

顔を周囲の人からそむけ 1メートル以上離れましょう

ティッシュや腕の内側で覆いましょう


鼻汁や痰を含んだティッシュはすぐにゴミ箱に捨て

手のひらで咳やくしゃみを受け止めたときは

すぐに手を洗いましょう

 

咳エチケットを心がけることは

周囲にウイルスをまき散らさない効果があるだけでなく

周囲の人を不快にさせないためのマナーになります


咳エチケット お願いします!

インフルエンザの流行期

周囲にインフルエンザの人がいた

電車・バスを利用する

人ごみにいた

そういう方は急に体調が悪くなった時

インフルエンザを疑ってみましょう

 

インフルエンザの症状は

38度以上の発熱

全身倦怠感(だるさ)

関節の痛み

頭痛

鼻水

のどの痛みなど


このような症状があったら、医療機関を受診してください


38度の熱がなくても

症状が強い場合受診して診断を受けてください


インフルエンザの検査と治療には発症からのタイミングがありますので

早めに受診して医師とよく相談してください

 

インフルエンザと診断を受けたら

薬と十分な休養と水分補給で回復を促します


他の人に感染させないよう

マスク着用して

発熱から5日を経過し

解熱から2日たつまでは外出は控えてください


大学はその間、出席停止になります

それには医師による証明が必要です

<大学ホームページ>→<キャンパスライフ>→<事務手続き>→<諸届願>→

<欠席届>の「証明書」をダウンロードして

医療機関で証明を受けてください


診断を受けたら

保健室に電話 045-583-9238

メール hoken@shoda.ac.jp で連絡してください

毎年 寒く 乾燥する季節が来ると

インフルエンザが流行し始めます

年明け

インフルエンザの流行期と定期試験の時期が重なります

インフルエンザにかかり試験が受けられなかった場合

追試となることもありますので十分注意してください

 

今年は 予防対策であるインフルエンザワクチンが今のところ不足し

12月以降ワクチンは充足されるといわれていますので

この時期 特に

インフルエンザの予防のために

まめに手洗い

まめにうがい

手洗いは石鹸を使い 15秒かけて指の間 手首まで洗いましょう

人ごみなどではマスクの着用も予防になります

 

もちろん普段からの体調管理も大切です

 

「睡眠を十分とって疲れをためないようにする」

「栄養を確保するために 栄養バランスを考えながら1日三食食事する」

食事の話しを詳しくしたいところですが、

まずは 

好きなものばかり 

同じものばかり 

食べやすいものばかり ・・・

・・・ばかりにならないように

いろいろな食品をとることを心がけてください

「気温の変化に合わせるために、天気予報を参考に服装を選ぶ」

 

ここまでは今日から始めましょう

 

それから運動を習慣にする

これは徐々に、習慣となる運動を見つけて継続できるようにしましょう

 

Page top