開学50周年を迎えさらなる飛躍を目指して!

開学50周年を迎えて

理事長メッセージ

理事長 大村 達彌
Chair, Board of Trustees
Tatsuya OMURA

横浜商科大学は、安心して任せられる人材を世に送り続けて今年50年目を迎えました。
本学の発展に尽くされたすべての人々にあらためて感謝申し上げます。
本学は、地域社会のニーズに応えて新しい時代の開拓に取り組む皆様にとって少しでも役立つ存在になれることを使命に掲げ、今後とも教育・研究の更なる発展を目指してまいります。

学長メッセージ

学長 小林 雅人
President
Masato Kobayashi

1966年に横浜商科短期大学として産声を上げた本学は、本日50回目の誕生日を迎えました。この半世紀の間、時代のニーズを反映させ、地域社会と密着し、地域からの要望や期待に応える形で、人材育成と各種の事業を展開し、国際都市横浜の発展に貢献して参りました。また、一貫して少人数教育にこだわり、学生一人ひとりの個性を伸ばす教育を続け、半世紀を経ても変わらぬ評価を頂いております。これもひとえに、本学をご支援頂いた方々のお陰と感謝申し上げます。
今後もこれらの方針を貫き、時代のニーズに裏付けされた事業展開と地域社会からの要望に応え、ダイバーシティ社会で活躍できる有為な人材育成を行って参ります。ご期待ください。

50周年記念事業のお知らせ

横浜商科大学は、平成28年に50周年を迎えます。

開学50周年記念事業の一環として、よりよい教育の場にふさわしい施設及び環境を整備するため、
「つるみキャンパスの施設及び環境の整備」案を計画しております。

つきましては、経済情勢が厳しい折、まことに恐縮に存じますが、
なにとぞ本学の事情をご賢察いただき、「横浜商科大学開学50周年記念募金事業」に
皆様の御理解と御厚情を衷心よりお願い申し上げます。

「教育観整備」価値ある教育を目指して

税制上の優遇借置について

Pagetop